ここから本文です

大富豪のトランプはやっぱりケチ? 選挙のテレビ宣伝費ゼロ

ニューズウィーク日本版 8/11(木) 10:19配信

 米大統領選で、共和党候補に指名されたドナルド・トランプ氏がこれまでに選挙戦のため一銭もテレビ宣伝に支出していないのに対し、民主党候補となったヒラリー・クリントン氏は5200万ドルを費やしていることが分かった。NBCニュースが伝えた。

 外部支援団体からの資金提供を合わせると、クリントン陣営が使った宣伝費は9100万ドル、トランプ陣営は800万ドルだった。

 NBCは「予備選終了以来、選挙のテレビ宣伝に使われた資金は約1億ドルあまり。トランプ陣営はこれまでに、どの宣伝に対しても1セントも支出していない」と伝えた。

 トランプ氏は、テレビで宣伝を打たない一方でソーシャルメディアを巧みに活用して大衆にアプローチ。フェイスブックやツイッターに頻繁に投稿すると「いいね」が付いたり無数の共有が行われ、資金要らずの宣伝となっている。

 メディア分析会社、メディアクワントの調査によると、トランプ氏がこれまでに無料のメディアから受けている恩恵を金額にすると約20億ドルに相当。11月8日の選挙までの期間では50億ドルになるとの試算を示した。

 クリントン氏は、7月時点で7200万回のメンションがあるなど、8カ月にわたってトランプ氏にリードされた後に巻き返し、9日に公表されたロイター・イプソスの世論調査では、支持率がトランプ氏を7%ポイント以上リードしていた。[9日 ロイター]Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

最終更新:8/11(木) 10:19

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。