ここから本文です

ペルー史上初の豪華寝台列車が 2017年5月から運行をスタート!

CREA WEB 8/11(木) 12:01配信

高地にたたずむ古代王国と自然を満喫!ベルモンド アンデアン・エクスプローラー

 世界中の魅力的なデスティネーションで、現在45のホテル、列車、リバークルーズなどを運営し、ラグジュアリーな旅を提案し続けている「ベルモンド・リミテッド」から、ホットなニュースが届いた。

 2017年5月より、ペルー初となる豪華寝台列車「ベルモンド アンデアン・エクスプローラー」の運行を開始すると発表。地上で最も標高が高いルートで、チチカカ湖から世界遺産のアレキパまで、驚異的な自然と古代王国の謎が残されたアンデス地方を1泊、または2泊で巡る列車の旅が楽しめるようになる。

 この豪華寝台列車「ベルモンド アンデアン・エクスプローラー」は、ゆったりとしたパーソナルスペースを確保する34室の寝台キャビンのほか、2両の食堂車、ラウンジ・カー、展望車で構成される。

 寝台キャビンは、ゲストが世界でも有数の美しい自然と文化との結びつきを体感し、アンデス地方を満喫できるようなデザインがコンセプト。アルパカのやわらかなアイボリー色、アンデスのスレートのグレーなど、南アメリカ由来の落ち着いた自然のトーンを使い、ゲストがリラックスして旅を楽しめるようにデザインされている。

 列車の旅に彩りを添える料理は、クスコの「ベルモンド ホテル・モナステリオ」のシェフが監修。アンデス地方の新鮮な素材をふんだんに使い、カラフルで季節感のあるメニューを提供する予定だという。また、オープンエア・デッキの展望車では、ダイナミックな景色を爽やかな飲み物とともに楽しむことができる。

 さて、このペルーの神秘をめぐる列車の旅では、4種類のコースが設定される予定だ。

 そのひとつが、2泊3日の「ペルビアン・ハイランド」。このコースでは、インカ帝国の古都・クスコを出発し、標高4800メートルの世界一高い平原を経て、チチカカ湖畔のプーノから湖上に浮かぶ島々の探索。そして、世界遺産に登録されているアレキパへと向かう。

 また、「スピリット・オブ・アンデス」では、チチカカ湖からクスコまで、アルティプラーノ高原地帯を1泊2日で横断する。

「ベルモンド」では、ペルー国内で運営する5軒のホテルと、この豪華寝台列車「ベルモンド アンデアン・エクスプローラー」を組み合わせて、ペルーの魅力をあますことなく堪能できる旅を提案してくれる。

 列車の運行開始は2017年5月から。来年の旅先に、ぜひペルーを検討してみてはいかがだろう。

ベルモンド・ジャパン
電話番号 03-3265-1200
URL http://www.belmond.com/ja/

立花奈緒

最終更新:8/11(木) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。