ここから本文です

女性200人「男の運転、これはNG」TOP10

R25 8/12(金) 7:00配信

意気揚々とアクセルを吹かすものの、ふと助手席を見ると彼女の表情がやや曇っている。せっかくのドライブデートに立ちこめる暗雲…。そんなときに真っ先に疑うべきは、己の運転だ。男の独りよがりなハンドルさばきに、お相手は辟易しているかも? そこで、20~30代の女性社会人200人に「同乗していて不安に思う男性の運転」について調査してみた(R25調べ・協力/アイリサーチ)。

●女性が不安に思う男の運転TOP10
(全12項目から上位3項目を選択してもらい、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計)

1位 すぐにクラクションを鳴らす(206pt)
2位 前のクルマとの車間が近い(161pt)
3位 急発進・急加速する(155pt)
4位 急ブレーキが多い(138pt)
5位 車線変更でまごつく・もたつく(125pt)
6位 やたらと他の車を追い越そう・追い抜こうとする(114pt)
7位 急な車線変更をする(111pt)
8位 頻繁に車線変更する(75pt)
9位 自分の車の前に他の車が割りこむのは絶対に阻止しようとする(60pt)
10位 黄色信号で止まらない(29pt)

番外
11位 ウインカーが遅い(14pt)
12位 休憩をせず長時間走り続ける(10pt)

クラクションを連発したり車間距離を詰めるといった“挑戦的”な運転は不評を買うようだ。ちょっとカッコいいところを見せようという下心は逆効果になっているかも? それぞれを選んだ女性の言い分を見ていこう。

【1位 すぐにクラクションを鳴らす】
「せっかちな性格があらわれてる」(37歳)
「攻撃的っぽい」(30歳)
「人間性を疑う行為だと思うから」(35歳)
「短気な気がして、安心できない」(37歳)
「心に余裕がなさそうだから」(32歳)
「危なくないのにならすのは常識外れ」(29歳)
「イライラして落ち着きがない。怒りっぽい性格が顕著に表れているため」(34歳)
「忍耐力や思いやりに欠ける」(29歳)
「短気で喧嘩っ早そう」(39歳)

【2位 前のクルマとの車間が近い】
「こちらが悪くなくても事故に繋がる確率が高いから」(36歳)
「以前、運転しながらナビを触っている男性がいて、前の車との車間がどんどん近くなってきたのが怖かったから」(31歳)
「緊張感が続く」(27歳)
「事故りそうだから」(22歳)
「たとえスピードを出していなくても追突しそうな距離だと怖いから」(31歳)
「ぶつかりそうで怖い」(33歳)
「ゆとりがなさそう」(33歳)
「いつぶつかるか常に不安にかられる」(38歳)
「前のクルマが急ブレーキをかけたときに止まれるのか不安」(23歳)

【3位 急発進・急加速する】
「余裕がない」(35歳)
「落ち着きがない」(27歳)
「運転に慣れていないのかと不安になるから」(34歳)
「慣れていない気がする」(32歳)
「変な揺れがあるのは気になるし車酔いもしそう」(32歳)
「事故につながるから」(28歳)

【4位 急ブレーキが多い】
「周りの車や通行人、障害物に対し余裕を持って運転しなければ、事故に遭う可能性が高くなるので」(27歳)
「運転が下手?」(32歳)
「運転に余裕がなさそうだから」(28歳)
「安全運転が出来ていないと思うので」(27歳)
「判断力がなさそうだから」(31歳)
「予測が出来ていないから。周りが見えていないから」(24歳)
「周りをよく見ていれば急ブレーキにはならないから」(31歳)

【5位 車線変更でまごつく・もたつく】
「あおられそうで怖い」(38歳)
「いらっとするから」(37歳)
「私がそうだから、運転下手なんだなと思ってしまう」(26歳)
「本当に運転ができないんだと感じるから」(25歳)
「優柔不断な感じが他のことにも影響してそうだから」(37歳)
「ちょっとみっともなくみえる」(38歳)
「判断力のなさがうかがえるため、いざというときに頼りにならなそう」(36歳)

【6位 やたらと他の車を追い越そう・追い抜こうとする】
「短気なのかなと思うから」(26歳)
「運転に自身がある男ほど、ちょっとしたことですぐイラっとして 相手の車をあおったりベタづけしたりして、同乗している方は ただ怖いだけ」(25歳)
「競争しているみたいなので」(32歳)
「安全運転という概念を持っていなそうだから」(24歳)
「カーレースの気分かよとツッコみたくなる」(30歳)
「見栄っ張りでかっこつけな人だと思うから」(23歳)
「競争心が激しくて他の車を傷つけても平気そうだから」(27歳)

【7位 急な車線変更をする】
「事故のリスクが高いと思う」(29歳)
「いつか事故を起こしそうだから」(26歳)
「短気な人かなと心配になる」(39歳)
「不注意な運転でいつか事故にあいそうな気がするから」(34歳)
「死ぬかもと思う」(27歳)

【8位 頻繁に車線変更する】
「何がしたいのかわからない」(29歳)
「乗っていてこわい」(34歳)
「気持ちに余裕がなさそう」(39歳)
「イライラする人だから」(29歳)
「安心して乗ってられない。周りの目も気になる」(25歳)

【9位 自分の車の前に他の車が割りこむのは絶対に阻止しようとする】
「事故のもとだから」(28歳)
「気が短そうだから」(33歳)
「阻止なんてあり得ない」(23歳)
「譲るくらいじゃないといつか事故る」(33歳)

【10位 黄色信号で止まらない】
「危ないと思ったから」(31歳)
「事故につながる」(32歳)
「事故になりやすい」(28歳)

良いところを見せようという気持ちもわかるが、女性が求めているのは紳士的な運転であるようだ。交通法規の遵守は当然のことながら、リラックスした運転をして、会話もセットで楽しむ、くらいの心持ちがいいのかも?

(吉々是良)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/12(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。