ここから本文です

高嶋政宏、ギャル曽根、テツトモのテツが迷わず買う駅弁

NEWS ポストセブン 8/12(金) 7:00配信

 夏の行楽シーズン。どこに行くかも楽しみだが、何を食べるかも重要な楽しみの一つだろう。そんななかで注目されているのが、今や全国に4000種類以上はあるといわれる駅弁だ。何を選んだらいいのか、有名人御用達の駅弁を聞いた。

 まず、俳優・高嶋政宏、芸人・ドロンズ石本、イラストレーター・なかだえり氏がオススメするのは、新潟県新潟駅の『えび千両ちらし』1300円(新発田三新軒)だ。酢飯の上にうなぎの蒲焼き、こはだなどの海鮮、その上に厚焼き玉子が鎮座。

「開けた瞬間と箸を刺した瞬間で、まるっきり予想を裏切られます!」(高嶋)。
「ピカイチで上品。4種類の魚介は味も食感もさまざまで楽しい」(なかだ氏)。
「この駅弁は別格!」(ドロンズ石本)。

 つづいて、山形県米沢駅の『牛肉どまん中』1250円(新杵屋)を紹介してくれたのは、ギャル曽根、芸人・テツ&トモのトモ、タレント・三宅智子だ。山形県産米『どまんなか』の上に米沢牛がどっさり。

「とにかくお肉がおいしい。甘辛い味つけの牛そぼろ&牛肉煮とご飯の相性が◎」(ギャル曽根)。
「山形から新幹線に乗ったらすぐ販売員さんに予約します。米沢駅まで待てば、温かいのが食べられますよ」(トモ)。
「ご飯とお肉の量のバランスもGOOD!」(三宅)。

 そして、駅弁の先駆けともいえる『シウマイ弁当』800円(崎陽軒)をおすのは、株式トレーダーの若林史江氏だ。1954年誕生、日本でいちばん売れている(といわれる)『シウマイ弁当』。

「物心ついた時から食べているので、今までに300個近く食べているかもしれません。冷めてもおいしいシウマイと、まぐろの照り焼き、たけのこ煮、甘めの玉子焼きなどおかずのバランスが絶妙です」(若林氏)

※女性セブン2016年8月25日号

最終更新:8/12(金) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。