ここから本文です

剛力彩芽も破顔一笑!「グ・ラ・メ!」でカレー祭り?

Smartザテレビジョン 8/12(金) 5:00配信

剛力彩芽演じるフランス帰りの若き官邸料理人・一木くるみが、料理の腕一つで数々の要人・政治家たちをとりこにする、毎週金曜に放送中のドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」(テレビ朝日系)。

【写真を見る】いろいろな種類のカレーが登場する「グ・ラ・メ!―」第4話はヨダレにご注意を!?

グルメを扱うドラマということで、毎回おいしそうな料理がめじろ押しの本作だが、8月12日(金)放送の第4話には、さまざまなスタイルの“カレー”が登場する。まさに“真夏のカレー祭り”といっても過言ではないそれだ。誰もが好みのカレーが見つかるかも?

第4話の見どころの一つとなる、4種類のカレーたち。まず1品目は総理官邸の官邸大食堂に古くから伝わる伝統のカレー。清沢晴樹(高橋一生)率いる“清沢会”の料理人たちが自信を持って提供する正統派の一品が、この“官邸カレー”だ。

2つ目は、官邸料理人・くるみが考案したカレー。本来は煮込み料理であるカレーを短時間でおいしく仕上げるために、1つの秘策を施すのだが、それが思いがけぬ波紋を呼ぶことに…。

そして3つ目は進憲党の重鎮で外務大臣の竹山茂平(大和田伸也)が会合のときにいつも食べているオーソドックスなカレー。そもそも竹山は「政治家たるもの、メシはすぐに済ませろ。そして1つでも多くの会合に出ろ」という政治信条の持ち主で、会合の食事にはカレーが用意されるのが常だったのだとか。

そして4つ目は、おなじみの築地グルメ。今回は東京・築地にある「鳥めし 鳥藤」の人気メニュー“親子カレー”が登場する。親子丼の上にカレーがかかった至高の逸品に、今夜はいつもより3割増し(?)の剛力のおいしそうな表情が大爆発する。トロトロの親子丼とカレー、そして剛力の笑顔というハーモニーに、視聴者の心もトロトロになってしまうかも?

それぞれのカレーはどんなシーンで登場し、どう物語にスパイスを効かせるのか…は、オンエアで。

ドラマ本編を楽しみながら、体操の団体戦ばりのカレーの豪華競演に注目してほしい。金メダル級の感動と空腹がそこにはありそうだ。

なお、8月12日(金)の第4話は、一部地域を除き夜11時55分より放送。

【第4話あらすじ】

進憲党の重鎮で外務大臣の竹山(大和田伸也)が「日本とイタリアの国交150周年記念パーティー」で「イタリアの女性はカサノバ好き」という失言をし、イタリア大使館から政府に抗議が入る。

その報道を受け、阿藤総理(小日向文世)が竹山を更迭するといううわさが広がり、官邸内に波紋が。党内きっての武闘派である竹山を“黙らせる”ため、古賀(滝藤賢一)はくるみに会合用の料理を作るよう命じる。

竹山は「政治家たるもの、メシはすぐに済ませろ。そして1つでも多くの会合に出ろ」という政治信条の持ち主。そのため、会合の食事にはカレーが用意されるのが常だった。本来、時間をかけて煮込まなくてはならないカレーを大急ぎで用意しなくてはならなくなったくるみは、ある秘策を…。しかし、それが竹山の怒りを買うことになってしまう。

くるみが出した料理への怒りが収まらず、東陽テレビの番組で「官邸グラン・メゾンなど、即刻廃止すべき!」と吠える竹山。

どうしても竹山にもう一度、料理を食べて欲しいくるみは「自分で竹山を連れてくる」と宣言し、とんでもない暴挙に出る。官邸料理人廃止の危機に立たされたくるみは、起死回生の一品を提供することができるのか…?

最終更新:8/12(金) 5:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。