ここから本文です

京都の地下鉄でガンダムらがデザインされた特別列車が運行

東京ウォーカー 8/12(金) 6:45配信

京都の地下鉄を、マンガとアニメがデザインされた列車が走る。

9月17日(土)と18日(日)に開催する「京都国際マンガ・アニメフェア(略称:京まふ)2016」の出展作品で車内外を装飾した列車「京まふ号」が、8月11日(木)から運行する。

【写真を見る】機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

「京まふ号」は、京まふをPRするとともに、京都市営地下鉄の利用促進を図るために実施。出展作品の「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」、「SERVAMP -サーヴァンプ-」、「双星の陰陽師」、「Happy Elements作品」のキャラクターが採用された。

車窓やつり革、車内外の車体に、キャラクター等を印刷したシートを貼り付け、人気作品の世界を演出している。

運行時刻は運行日によって異なり、8月11日(木・祝)から10月上旬まで実施。まずは烏丸線から運行開始され、烏丸線1編成(6車両)のうち竹田方面側の2両を装飾する。なお、9月上旬から東西線でも、マンガ・アニメのキャラクターを用いた装飾を行う予定となっている。

「京まふ」を控えて、いつもと一味違う地下鉄を楽しんでみよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:8/12(金) 6:45

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。