ここから本文です

ガリレオと異なり火炙りの刑に処された人物が遺した言葉の意

NEWS ポストセブン 8/12(金) 16:00配信

 2014年10月に最も進んだステージのすい臓がんが発見され、余命数か月であることを自覚している医師・僧侶の田中雅博氏による『週刊ポスト』での連載 「いのちの苦しみが消える古典のことば」から、宗教裁判で異端と判決され、火炙りの刑にされたジョルダーノ・ブルーノの「私を裁くあなた達が、真理の前に恐怖に震えている」という言葉の意味を紹介する。

 * * *
 ローマの話は今回で2回目です。ローマ教皇庁のあるバチカンと、古代ローマの遺跡フォーラムのほぼ中間にカンポ・ディ・フィオーリ(花の広場)があります。バチカンから歩いて10数分ですが、ここにバチカンを睨む形でジョルダーノ・ブルーノの銅像が立っています。

 ブルーノは、バチカンからカンポ・ディ・フィオーリまで歩くほぼ中間にあるサンタンジェロ城の牢獄に7年間投獄された後、宗教裁判で異端と判決され、1600年にカンポ・ディ・フィオーリで火炙りの刑に処せられました。処刑の執行官に対して「私を裁くあなた達が、真理の前に恐怖に震えている」と言ったことが伝えられています。

 ブルーノはコペルニクスに続いて近代科学に通じる宇宙論を提唱した人として有名ですが、ブルーノもコペルニクスも科学者ではなくウマニスタです。ルネッサンスのウマニスタはギリシャ・ローマの古典を研究した人々で、これが現代語のヒューマニズム(人文学)という言葉のもとになりました。

 ブルーノの著作『無限、宇宙と諸世界について』等に書かれている内容は、ガリレオが行なったような実験や観察の結果ではなく、アリストテレスの批判などからなる、近代科学が捨ててしまった思弁です。ブルーノはカトリックのドミニコ会修道士でしたが、カトリックとプロテスタントのどちらにもつかず、さらにグローバルな立場から両者を批判しました。

 ガリレオは、ブルーノの火刑の10年後に『星界の報告』を出版しました。この著作は望遠鏡による詳細な観察記録であり、コペルニクスやブルーノの著作とは違って、近代科学の特徴を具えています。

1/2ページ

最終更新:8/12(金) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。