ここから本文です

“変顔モデル”mirei「かわいく撮られる方が恥ずかしい」

Smartザテレビジョン 8/12(金) 16:00配信

自ら“kaoge-(顔芸)伝道師”を名乗るモデル・mireiがネットで話題沸騰中。TwitterやInstagramで得意の変顔を次々とアップし、「本当はかわいいのにもったいない!」「いや、むしろ変顔がかわいい!!」と大反響を呼んでいる。今やSNSの総フォロワー数18万人以上を誇る彼女を直撃した。

【写真を見る】「パターンは無限にあります(笑)」という得意の変顔。ネット上では「面白い」よりも「かわいい」という反応が多数

――ツイッターのフォロワー数が10万人、インスタグラムが8万人。すごい人気ですね。

元々は友達が面白がって、私の物まね動画をネットに投稿したのがきっかけなんですよ。エルモとかカラスとか、ノリで即興の物まねを連発してるだけの映像なんですけど(笑)。それをたくさんの方が面白がってくださって、そこから一気にフォロワーが増えていった感じです。

――変顔は昔から得意だったんですか?

はい!! 小さい頃から写真を撮られるときは当たり前のように変顔してました。勝手に顔が動いちゃうんですよね。

――ただ、モデルのお仕事をする上では、いつも変顔ばかりしていられないですよね?(笑)

そうなんですけど、モデルの子ってたくさんいるし、他と違うことをしないと目立てないじゃないですか。だったら“変顔モデル”っていうのもありなのかなって。それに、私の変顔でみんなが笑ってくれるのもうれしいですし。

――変顔が恥ずかしくなることは…。

全くないです! むしろ、モデルとしてかわいくキメてる顔を撮られてるときの方が恥ずかしい(笑)。もちろん、きれいにメイクしてもらったりするのはうれしいんですけど。

――「有田ジェネレーション」(TBS系)や「紺野、今から踊るってよ」(テレビ東京)など、最近はバラエティー番組の出演も増えていますが。

すっごく楽しいです! テレビの制作スタッフの方々も、「変顔見たことあるよ」とか「会いたかった」とおっしゃってくださる方が多くて。変顔モデルでよかったなって思います(笑)。

――小さい頃はテレビっ子だったんですか?

そうですね。小学生の頃は「エンタの神様」(日本テレビ系)が好きで、友達とよくレギュラーさんの“あるある探検隊”のまねをしてました。当時はお笑い芸人になるのが夢だったんですよ。だから今は、モデルという入り口から夢に近づいてる感じですね。

――特に憧れている芸人さんは?

FUJIWARAの原西(孝幸)さんが大好きなんですけど、自分の目標として憧れているのは渡辺直美さん。もう弟子になりたいくらい大好きです。私も、これからいろんなバラエティー番組にたくさん出て、見ている方々にハッピーな気持ちになってもらいたいなって思いますね。体当たり系のお仕事でも全然OKなので(笑)、よろしくお願いします!!

最終更新:8/12(金) 16:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。