ここから本文です

広瀬アリスが赤堀雅秋の新作で初舞台に挑戦!

Smartザテレビジョン 8/12(金) 16:35配信

来年1月、東京・Bunkamuraシアターコクーンで赤堀雅秋作・演出舞台「シアターコクーン・オンレパートリー2017『世界』」の上演が決定した。赤堀×シアターコクーンのタッグは'14年「殺風景」、'15年「大逆走」に続き第3弾となる。

【写真を見る】今夏話題の映画『葛城事件』の監督も務める赤堀雅秋によるシアターコクーン書き下ろし第3弾が決定!

その第3弾「世界」に、広瀬アリスが出演することが分かった。広瀬は今作が初舞台となる。

そのほかの出演者に、赤堀作品には初参加となる演劇界の重鎮・風間杜夫、赤堀×コクーン3作品連続の登場となる大倉孝二、久しぶりのストレートプレイとなる早乙女太一、映像作品から舞台まで幅広く活躍する鈴木砂羽ら豪華な顔触れがそろう。また、赤堀自身も重要な役どころで登場する予定。

“人生は喜劇である” というテーマの下、繊細で丁寧な人間の描写、陰影あるキャラクター造形、そして溢れ出す生々しい感情を赤堀ならではのせりふや演出で、リアルに、そして時に幻想的に描く“赤堀ワールド”の真骨頂を見せる舞台になること必至だ。そんな赤堀作品の世界に、広瀬アリスがフレッシュな風を巻き起こすことにも期待。

演劇界内外から熱い注目が集まる、赤堀が描き出す“やるせない喜劇”で、'17年の新たな年が幕を開ける。

最終更新:8/12(金) 16:35

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。