ここから本文です

さかいゆうが陣内孝則監督最新作の主題歌を担当

Smartザテレビジョン 8/12(金) 19:10配信

陣内孝則が9年ぶりにメガホンを取り、映画「桐島、部活やめるってよ」('12年)で話題を集めた脚本家・喜安浩平とタッグを組んだ映画「幸福のアリバイ~Picture~」の主題歌が、さかいゆうの新曲「再燃SHOW」に決まった。

【写真を見る】陣内孝則監督3作目となる長編映画「幸福のアリバイ~Picture~」

同作品は陣内監督3作目となる長編映画。風変りでありながら、どこか共感できる悩みを抱いた普通の人々が登場し、誰もが経験する人生の節目に起こる予期せぬ事態を描いた、笑って泣ける感動のヒューマンコメディーとなっている。

さかいは本編を見て楽曲デモを制作。デモを聞いた陣内監督が一発OKを出し、主題歌担当が正式決定した。

さかいは「作品を見て、楽曲のテーマである人間はいくつになっても、何度でも自分の人生を燃やし、再燃焼(再出発)できるというイメージが膨らんできました。歌録音の当日、スタジオの近くのそば屋さんでばったり陣内さんに遭遇するという偶然があったり、作品の中でもエキストラに知人が出ていたりと、個人的にも今回サプライズを感じています」とコメント。

また、陣内監督は主題歌について「この映画は、人生の節目に起こる予測不可能な出来事を笑いに変えて描いた作品。その締めくくりにふさわしい、とてもエモーショナルでグッとくる主題歌を、さかいゆうさんからいただきました。“最強の敵は自分”“再出発”、そんな力強いキーワードが込められたこの曲からは、毎日を生きる人々へのパワフルなエールを感じます!」と絶賛した。

映画「幸福のアリバイ~Picture~」は、11月18日(金)から全国公開される。

最終更新:8/12(金) 19:10

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。