ここから本文です

風水では、家は人間の五体の象徴。呼吸器の調子を良くするには、どこをそうじする?

OurAge 8/12(金) 12:28配信

「風水でみると、家は五体を表しています」と言うのは、中国命理学研究家の林 秀靜さん。

「その中で、玄関と換気扇は呼吸器系を象徴しています。つまり良い気の入口である玄関と、悪い気の出口である換気口をきれいにすれば、呼吸器系の機能が高まるというわけです。玄関と換気扇がきれいになれば、家に浄化された空気が漂い、身体にも安心です」
吸って吐く機能は人間の体と同じ、つまり、玄関と換気扇のそうじが大切というわけだ。

玄関のそうじだが、まずはたたき。出しっぱなしになっているものをかたづけて、掃除機やホウキで砂やホコリなどをきれいにとり、水拭きをしよう。

靴は一人一足を目安に、あとは靴箱にしまおう。靴箱の中も整理整頓して。傘やゴルフバッグ、古新聞なども棚の中に収めよう。玄関はきれいに、広々とさせることが大事だ。きれいになったら、仕上げにお香を焚いて気を浄化させると、さらに運気が高まるとのこと。なかでも高貴な香りの白檀がおすすめだそう。

換気扇は、基本的には各製品のマニュアルに従ってお手入れを。ここではベーシックな換気扇のそうじ方法を説明しよう。
まずはプロペラ部分を取り外す。羽根についた油汚れはヘラやプラスチックの古くなったカードなどでこそげ落とそう。その後、シンクに大きなビニール袋(ゴミ用など)を敷き、その中にキッチン専用洗剤を薄めた水を張り、3~4時間羽根の部分を浸す。汚れがはがれ落ちてきたら、溝などに入り込んだ汚れを古歯ブラシなどで落とす。フード部分は、専用洗剤入りの水で絞ったクロスを用意し、外側、内側ともにきれいに拭きあげよう。

呼吸器の調子がイマイチという人は、すぐにそうじを!今後、呼吸器を悪くしないためにも、玄関と換気扇はきれいにしておこう。

最終更新:8/12(金) 12:28

OurAge