ここから本文です

激震のインテルを襲った災難 豪雨で親善試合が中止、F・デブール新体制初の実戦機会を失う

Football ZONE web 8/12(金) 7:20配信

マンチーニ電撃退任から続く負の連鎖 ボルシアMG側が中止を申し入れ

 ドタバタ続きのインテルに、さらなるトラブルが舞い降りた。10日、インテルはドイツ・ブンデスリーガのボルシア・メンヘングラードバッハと親善試合を実施する予定だったが、試合会場のイタリア・アンコーナが豪雨に見舞われ、試合は中止になった。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 インテルは8日に経営陣と対立したロベルト・マンチーニ監督と電撃的な契約解除となり、オランダの名門アヤックスで昨季まで手腕を発揮していたフランク・デブール監督と3年契約を結んだばかりだった。10日の親善試合は、新監督がチームメンバーの現状を実戦で把握することも含め、重要な試合と位置付けられていた。

 しかし、そうした思いは天に届かなかったようだ。試合会場のアンコーナはキックオフ前から4時間以上にわたって豪雨に見舞われた。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が「試合を行うのに現実的なピッチ状態ではなくなった」と報じたほどの雨により、両チーム協議の末に試合の見送りが決まった。ボルシアMGは、U-23日本代表FW久保裕也が所属するヤングボーイズ(スイス)とのUEFAチャンピオンズリーグプレーオフを控えているため、負傷者などが出る恐れから中止を主張したという。

 インテルの日本代表DF長友佑都は、このデブール監督の初陣を右サイドバックとしてスタメン出場すると現地メディアで予想されていたが、その機会も流れることになった。インテルは13日にインターナショナル・チャンピオンズカップでスコットランドの名門セルティックと戦うが、21日のリーグ開幕戦キエーボ戦に向かう前の実戦はその1試合のみという状況になった。

長友ら選手にとっても苦しい状況に

 デブール監督は「リーグ開幕13日前に就任することは理想的とは確かに言えないが、経験豊富な選手たちがたくさんいるから、吸収が早い。すべてを変えることはしないが、我々の哲学がある。チームも信じなければならない。世界で有名な育成を保持するチームと仕事ができることに情熱を感じている」とガゼッタ紙に語っていたが、貴重な実戦機会を悪天候によって奪われる苦境になった。

 トラブル続きのインテルは、リーグ開幕までに新監督の標榜する戦術をチームに浸透させることができるのか。また、チーム最古参となった長友は、激震の続くチームをまとめ上げるリーダーシップを発揮できるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/12(金) 7:20

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。