ここから本文です

深宇宙にたどり着いたカメラが送ってきた、1000枚の写真:NASA

WIRED.jp 8/12(金) 7:12配信

火星探査機「マーズ・リコネッサンス・オービター」に搭載された超高解像度カメラ「HiRISE」(High Resolution Imaging Science Experiment)が、火星表面の高解像度画像の撮影を開始してから10年になろうとしている(2006年3月に到着、10月に最初の画像撮影が行われた)。
重さ62.4kgのHiRISEが火星を周回して10年になるのを記念して、HiRISEの科学者チームは、砂丘やガリ(水による浸食の跡)、クレーター、極地域など、火星のさまざまな地形を示す1000枚の新しい画像を発表した。

【厳選写真を見る】火星の砂丘やクレーターなど、公開された15枚の画像:『Ars Technica』US版選

マーズ・リコネッサンス・オービターは、2010年代後半には寿命を迎えると考えられていたが、当初のミッション期間の5年半を大幅に超えて稼働を続けている。これまでに火星の軌道を5万回ほど周回して、約25万枚の画像を撮影。火星に関するデータを300テラビット近く地球に送り返している。

HiRISEは口径50cmの望遠鏡を備えており、最大解像度は約0.3m/ピクセル(300kmの高さから0.3mのものを見分けることができる)と、これまでに宇宙に送り込まれたカメラのなかで最強の性能を誇る。このカメラのおかげで米航空宇宙局(NASA)は、火星探査ローヴァーの「キュリオシティ」と「オポチュニティ」を宇宙から観察できるのだ。

HiRISEは、NASAが2020年代に飛行を望んでいる「マーズ・サンプル・リターン・ミッション」(MSR)だけでなく、人間が火星に降り立つとき(NASAによると早くても2030年代後半になるという)の候補地区の特定に役立てるために火星に送り込まれたものだ。

このカメラを利用して、科学者たちは火星表面の特徴を調べ、数十億年にわたる火星の進化について理解を深めることができるのだ。

ERIC BERGER

最終更新:8/12(金) 7:12

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。