ここから本文です

上級ポケモントレーナーになるための戦略をすべて教えます

ライフハッカー[日本版] 8/12(金) 12:30配信

モンスターボールを上手に投げられるようになり、キャタピーを何匹か捕まえて、「ポケストップ」へひとっ走りして道具やタマゴをあれこれ集めたら、次の段階に進みましょう。これから紹介するコツやワザを使えば、『ポケモンGO』トレーナーとしての腕前はぐんと上がります。「ポケモンいえるかな」でポケモンの名前を全部覚えるよりもずっと早く、初心者から「ジム」の覇者へと大出世できるはずです。

モンスターボールを左右にスワイプしてすばやくメニューにアクセス

Pokmon GO画面上のモンスターボールのアイコンから、「図鑑」や「道具」、自分が捕まえた「ポケモン」、「ショップ」など、ゲーム内のほとんどのメニューにアクセスできます。モンスターボールをタップするだけでもメニューは開けますが、「通」らしく振舞いたいなら、サッとスワイプしましょう。モンスターボールを左にスワイプすれば捕まえたポケモンや図鑑のメニューが、右にスワイプすれば道具が、上にスワイプすればショップがぱっと出てきます。

野生のポケモンが出てきた理由をひと目で確認

やぶの中から野生のポケモンが飛び出して来たら、それを囲む小さなリングに注目しましょう。リングの色が白なら、そのポケモンはもともとそこにいたという意味です。リングの色が紫がかったピンクなら、近くにある「ルアーモジュール」に引き寄せられてきたのです。リングの代わりに、くるくる回るピンクの雲が見える場合は、そのポケモンはあなたの「おこう」に誘われて出てきたということなので、ほかの人には見えません。

リングの違いを覚えれば、ポケモンをたくさん見つける感覚が育ってきます。それに、友達とプレイする時にも便利です。ピンクの雲に囲まれたポケモンを見ても「ゼニガメだ!」などと叫んではいけない、とわかっていれば、図らずも人が殺到してしまう事態を避けられますよね。

ポケモンをゲットする確率を上げて「XP」を稼ぐ

プレイを始めたばかりのころは、ポケモンを捕まえるのなんて簡単だと思うかもしれませんが、レベルが上がるにつれ、捕まえるのが難しくなっていきます。強いポケモンが出てくるようになりますし、モンスターボールを上手に投げるコツをマスターしなければ、大量にあったモンスターボールもどんどん減っていくでしょう。ポケモンが現れたら、まずはスクリーンのポケモンをタップして、ほかの人の邪魔にならない安全な場所に移動しましょう。ポケモンをタップして遭遇画面に入ったら、捕まえるか、何度も失敗して逃げられない限り、ポケモンはスクリーン上から消えません。

ポケモンを捕まえるためにモンスターボールに指を置くと、ポケモンの周りに白いリングが現れます。ポケモンを捕まえるには、とにかくこのリングの中にモンスターボールを投げるのが最低条件です。白いリングの内側には色付きのリングがあり、「ぱっと大きくなっては徐々に小さくなる」を繰り返しています(色付きのリングについては後述します)。リングの色は、そのポケモンを捕まえる時の難易度を示しています。大きさが変わる色付きリングの「内側」めがけてモンスターボールを投げましょう。そうすれば、ボールが当たった瞬間のリングの大きさに応じて「XP」という経験値がもらえます。


■ 色付きリングが大きい時にリングの内側にボールが当たると「Nice!」と表示され、無事に捕まえれば10XPがもらえます。

■ 色付きリングが白いリングの半分くらいの大きさの時にボールが当たると「Great!」と表示され、50XPがもらえます。

■ 色付きリングがとても小さい時にボールが当たると「Excellent!」と表示が出て、100XPがもらえます。


モンスターボールを上手に投げると、獲得できるXPが多くなるだけではありません。調査力のある「reddit」ユーザーがポケモンGOアプリのデータマイニングを行ったところ、投げ方がうまいとポケモンを捕獲できる確率も高くなる可能性があるとわかったそうです。また、カーブボールを投げて捕まえられた場合にも10XPをボーナスとして獲得できますが、そもそもカーブボールだと捕まえられる確率が高くなるそうです。カーブボールは、モンスターボールに指を置いて、くるくる回してから投げます。ボールがなかなかポケモンに当たらない場合は、AR(拡張現実)モードをオフにしてみてください。ポケモンが固定されます。ついでに、ARモードをオフにするとバッテリーをかなり節約できますね。

追加でもらえるボーナスXPは、それ自体は大したことがなさそうですが、積み重なれば大きな違いを生みます。特に、「しあわせタマゴ」などの道具を使っている時だと、その効果は歴然です。しあわせタマゴは、もらえるXPを30分間だけ、2倍にしてくれる道具です。しあわせタマゴの使用中にモンスターボールを上手に投げれば、ポッポのようなどこにでもいるポケモンでも、結構XPが稼げます。通常なら100XPしかもらえないところ、2倍の200XPを獲得できますし、カーブボールを投げて「Excellent!」が出れば、ボーナスとして220XPが加算されます。ポッポを捕まえただけで420XPも獲得できるわけです。これは、初めて捕まえた時のボーナスとほぼ同じです。

ただし、すでに説明したように、捕まえるのが難しいポケモンもいて、それは大きさの変わるリングの色でわかります。難易度は難しい順に、赤>オレンジ>黄色となり、緑ならとても簡単に捕まえらえます。赤、オレンジ、黄色のリングで囲まれたポケモンでも、捕まえやすくできる道具があります。例えば、「ズリのみ」を使うと難易度が1つ下がりますが、使えるのはたった1度だけ。ポケモンが逃げてしまえば、新たに別のズリのみを使わなければなりません。「スーパーボール」や「ハイパーボール」を使った場合もポケモンが捕まりやすくなりますが、入手しにくいので、強力なポケモンに出会った時のために取っておきましょう。

1/5ページ

最終更新:8/12(金) 12:30

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック