ここから本文です

ありがとう!命を救われた「保護猫」たち感涙の命名エピソード3

サライ.jp 8/12(金) 17:20配信

「空前の猫ブーム」といわれる今だからこそ、外で過酷な生活を送る野良猫たちの「猫生」にも思いを馳せて欲しい――。年々減ってきているとはいえ、まだまだたくさんの猫たちが「殺処分」という悲しい最期を迎えなければならない状況にいます。

保護されることも、家族に迎えられることもなければ、名前もなく、人知れずこの世からいなくなっていく小さな命たち。「全てのにゃんこに幸せを」のメッセージを送る『ありがとう!わさびちゃん』のツイッターアカウントでは、新たな家族に保護された「保護猫」の名前の由来を募集しました。

今回は、応募頂いた保護猫たちのエピソードの第3弾です。

(第1弾は http://serai.jp/hobby/61267 、第2弾は http://serai.jp/living/73061 )

■葉月(推定7歳、メス)、紫苑(推定5歳、メス)

白黒バイカラーの葉月(はづき)、愛称「はーちゃん」は、7年前、当時勤めていた園芸店で保護しました。

園芸店のプラスティック製の鉢が並ぶ棚の奥の方で、子猫の鳴き声が。生後1か月くらいの子猫が2匹鳴いているのを見つけました。

よくよく探してみると、他の場所にも2匹。お母さん猫がどこからか運んできたのでしょうか。でも、お母さん猫の姿は見当たらなかったため、猫好きの店長が計4匹の子猫を保護してくれました。

子猫の飼い主さんを探すことになり、私も名乗りをあげました。すぐに主人と娘たちに子猫の画像をメールして、「飼ってもいい?」と聞きましたが、家族の返信も待たず、「連れて帰ります」と送信、そのまま子猫をお迎えしたのです。保護したのは8月だったため、8月の別称である葉月と名付けました。

はーちゃんを保護した2年後のことです。やはり同じ園芸店でもう1匹の子猫を保護しました。初めて見た時には既に生後半年くらいの大きさだったと思います。どこからともなくやってきて、居ついてしまったサバトラの子猫でした。

当時、園芸店には看板猫がいました。はーちゃんを保護した1年前に、店長が保護して店で飼っていたのですが、その子猫は店の看板猫のご飯を分けてもらったり、一緒に遊んだりしていました。

12月も後半になると、子猫のご飯をどうするかが、店員たちの間で話題になりました。お店が年末年始にお休みし、店長も看板猫を家に連れて行くため、子猫にご飯をあげられなくなってしまうと、みんなで悩んでいました。

看板猫にはよくなついていましたが、人にはまだ警戒心を持っている様子だった子猫。保護するのは難しいかもしれない、と思っていました。下手に捕まえようとして、逃げてしまってもう戻ってこなかったら、子猫の居場所がなくなってしまったら、と思うと、心配だったのです。

でも、子猫は徐々に慣れてきたのか、事務所の中にそろーり、そろりと入ってくるようになりました。それで、「もし年末までに保護できたら、私が連れ帰ります!」と宣言。いよいよ年の瀬も迫る12月29日のこと。その日も子猫が事務所に入ってきたところを、みんなで捕獲することができました。

園芸店のみんなからは、「はーちゃんが8月保護で葉月だから、その流れからこの子猫は師走(しわす)やろ」といわれていたのですが、子猫の名前に師走ってなんか違う、と思ってしまいました。でも、「しーちゃん」という呼び方はいいなと思っていたので、音からの連想で考えて、花の名前でもある「紫苑(しおん)」と名付けました。人慣れするのにちょっと時間のかかったしーちゃんは、今も抱っこが苦手の怖がり屋さんです。

(ツイッターアカウント名:悟空@karin_yu)

1/4ページ

最終更新:8/12(金) 17:20

サライ.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。