ここから本文です

アーセナルに迫る未曾有の危機… サンチェス、エジルの二大エースが契約延長拒否で退団へ加速

Football ZONE web 8/12(金) 8:48配信

今冬か来夏の移籍市場で放出不可避か

 今夏の移籍市場で思うような補強を進めることができずにいるアーセナルだが、さらなる苦境が押し寄せてきている。英紙「タイムズ」はFWアレクシス・サンチェスとMFメスト・エジルが、クラブから提示された新契約を拒否したと報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 アーセナルは今年6月に昨季プレミア王者レスターからエースFWジェイミー・ヴァーディの獲得に目前まで迫ったが、最終的には破談に終わっており、それ以降ビッグネーム補強に進展が見られない。移籍市場で着々と補強を進めるマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、リバプール、チェルシーらライバル勢の後塵を拝している状況にある。

 さらにはDFペア・メルテザッカー、DFローラン・コシエルニー、DFガブリエル・パウリスタら守備陣の相次ぐ負傷により、チーム作りが困難を極めている。バレンシアのドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィ獲得で合意とも報じられているが、現段階では新シーズンでの優勝争いはおろか、トップ4入りも危ぶまれる状況にあるのは確かだ。

二大エースがアーセナルに見切り?

 そんなチーム状態に業を煮やしたのか、チームの二大エースであるサンチェスとエジルが、2018年までとなっている契約の延長交渉を頑なに拒否していることが明らかとなった。

 アーセナルはサンチェスとエジルの去就を不透明にしたまま開幕戦を迎えざるをえない状況にあり、アーセン・ベンゲル監督の頭痛の種が取り除かれることは当分なさそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/12(金) 8:48

Football ZONE web