ここから本文です

石坂浩二 ドラマ主演も決定…屈辱の番組降板に予想外の効果

女性自身 8/12(金) 6:01配信

 司会を務めていた『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)でこの2年間、スタジオでしゃべったコメントのほとんどをカットされてきた、石坂浩二(75)。結局3月末に“卒業”という形で番組を降板した。

 石坂の悔しさはさぞ――と思いきや、じつはいま、石坂は嬉しい悲鳴をあげているという。

 同情を買ったのか、タレントとしてひっぱりだこなうえに、本業の俳優業も絶好調。現在放送中の『仰げば尊し』(TBS系)に出演中の石坂だが、さらに来年の主演ドラマが決まったそう。

「『やすらぎの郷』というタイトルで、脚本は大御所の倉本聰さん。共演者も、別れた元妻の浅丘ルリ子さん(75)、かつて交際していた加賀まりこさん(72)、野際陽子さん(80)、藤竜也さん(74)という豪華な顔ぶれで、話題になるのは必至です」(テレビ局関係者)

 番組を降板したら、もっと忙しくなっちゃった!?

最終更新:8/13(土) 3:47

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

なぜ今? 首相主導の働き方改革