ここから本文です

平均年齢83歳、世界最高齢ダンスグループ『はじまりはヒップホップ』メンバー来日!

リアルサウンド 8/12(金) 9:57配信

 8月27日に公開されるドキュメンタリー映画『はじまりはヒップホップ』から、“ギネス認定世界最高齢ダンスグループ”である「The Hip Op-Eration Crew」の現役メンバー5人の来日決定が発表され、あわせてメンバーからのコメント動画が公開された。

 本作は、平均年齢83歳のダンスグループが世界最大のヒップホップ選手権へ挑戦する模様を描いたドキュメンタリー。公開後は、世界40以上の映画祭で上映され、アカデミー賞の前哨戦と言われているサンタバーバラ国際映画祭にて観客賞を受賞した。

 今回来日するのは、ブレンダ・ロング (83才)、ジャック・ロング(85才)、レイラ・ギルクリスト(72才)、レン・カーチス(75才、男性)、マリー・ターフレイ(72才)の5名。「日本で何をしたい?」という質問に対し、彼女らの答えは「新幹線に乗りたい」(ジャック)、「芸者の恰好をしたい」(ブレンダ)、「スカイ・ツリーを観に行く」(マリー)といったものから、「チョコレート工場か自動車工場に行きたい」(レン)、「原宿のコスプレカフェに行きたい」(ブレンダ&レイラ)という意外な希望も明かしている。

 来日を前に公開されたコメント動画では、各メンバーがヒップホップホームネームを紹介しながら、日本でやりたいことを語っており、日本語での挨拶も交えながら若々しく元気な姿を披露している。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/12(金) 9:57

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。