ここから本文です

【8月12日~14日セ・パ第33節展望】今季初の5連敗、ソフトバンクは和田から立て直せるか

ベースボールチャンネル 8/12(金) 17:48配信

セリーグ

3位・DeNA(9勝)-1位・広島(8勝) 横浜

 2位巨人との決戦に負け越したDeNAは、今節は首位・広島との対決になる。ここからズルズルと落ちないようにしたい。2週間前の対戦では2勝1敗と勝ち越したが、同じ先発での対戦だけに、用心したい。初戦の先発は石田が上がる。前回の広島戦は打線の援護にも恵まれて7回2失点10奪三振で、野村に投げ勝った。同様のピッチングを続けたい。2、3戦目は井納、今永の順になるだろう。中継ぎ陣に疲れが見え始めてきただけに、3人のなかから完投試合があると大きい。打線は、3番・梶谷の調子がいい。11日の試合では筒香とアベック弾を放ちチームをけん引した。桑原、倉本ら前後を打つ選手もつなぎに徹している。最低でも勝ち越したい。

 広島は前節の阪神戦で5節ぶりに勝ち越した。2週間前の直接対決では投手陣が我慢しきれずに2敗。ここは負けられない。初戦の先発は、2週間前のDeNA戦で4回8失点と炎上した野村が上がる。相手先発も同じ石田とあって負けられないはずだ。2人の投げ合いも非常に興味深い。2戦目は黒田が先発する。直近2戦は試合を作れずに負け投手になっている。打線は菊池、丸、ルナ、新井と打線につながりが出て、調子を上げてきている。7月末からやや疲れを見せていたが、逆襲の雰囲気は漂っている。


4位・阪神(9勝)-6位・中日(9勝) 京セラドーム

 2節連続で負け越した阪神は最下位中日との対戦で、借金を減らしたい。初戦の先発はメッセンジャーが上がる。前回登板では試合を作れず、3回途中5失点で降板している。原口とのコンビがやや心配されるところだが、金本監督はどのコンビを組ませるのか。2、3戦目は、青柳、岩崎の順か。青柳は前回登板で試合を作れなかっただけに、同じ轍は踏みたくない。打線は4番の福留以外は固定せずにオーダーを組んでいる。選手たちもアジャストしていく難しさを感じているだろう。あるところの打順は固定したい。

 中日は監督休養渦から1節を終えたが、流れを変えることはできなかった。敵地に乗り込んで空気を一新できるか。初戦の先発はバルデスが上がる。阪神戦初登板となるが、前回の試合では6回2失点とゲームを作った。2戦目はジョーダン、3戦目は小笠原になる。ジョーダンはいまだ敵地では未勝利。しかし今季3勝を挙げている阪神が相手だけに、相性を味方につけたい。ルーキーの小笠原はまだ無理して起用する時期ではない。打線は落合GMがドラフトに関わってから獲得した社会人出身の選手を積極的に起用している。起爆剤となれるか。


5位・ヤクルト(7勝)-2位・巨人(10勝) 神宮

 8月に入って勝ち越しを続けているヤクルトがホームではカモにしている巨人を迎える。初戦の先発はデイビーズ。6月25日以来、勝ち星のないものの、巨人戦は比較的内容が良く、勝利につなげることができるか。2戦目は山中が上がる。前回の阪神戦では9回1失点完投勝利を挙げた。しかし巨人戦防御率は7点台、苦手意識を克服したいところ。3戦目はこれまで通りなら、館山になるだろう。打線は前節、川端、雄平に続いて山田が抹消となった。この離脱は非常に痛。今浪、坂口らが好調だが、バレンティンへの負担は大きくなる。

 一方の巨人は大きく負け越している神宮で苦手意識を払しょくできるか。足の指のマメでエースの菅野が離脱し、代役に江柄子が抜擢される。イースタンリーグでは防御率トップと調子が良く、この機に先発を勝ち取りたい。2戦目は大竹寛、3戦目はマイコラスとなるだろう。大竹寛は今季4勝、マイコラスは昨季から土なしと、万が一江柄子が転んでもフォローできそうだ。打線は阿部の連続試合安打は止まったが、坂本、長野が好調で、村田、ギャレットの調子もいい。前節からはクルーズも復帰し、打線は分厚い。

1/2ページ

最終更新:8/12(金) 18:03

ベースボールチャンネル