ここから本文です

次期ロシア代表監督が決定。自国開催となる2018年W杯終了後までの契約

フットボールチャンネル 2016/8/12(金) 7:50配信

 ロシアサッカー協会が11日、今年6月から開催されていたEURO2016敗退後に退任したレオニド・スルツキ前監督に代わって、ロシア人のスタニスラフ・チェルチェソフ氏が新指揮官に就任したことを発表した。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 チェルチェソフ氏はスパルタク・モスクワやディナモ・モスクワなどロシアのクラブを率いた後、2015年からポーランド1部のレギア・ワルシャワで指揮を執っていた。昨季はポーランド・カップとリーグ戦でチームを優勝に導いている。

 チェルチェソフ氏の契約期間は2018年ロシアW杯終了後までとなっており、自国開催で準決勝進出以上の結果を求められているようだ。果たして、そのW杯が開催される頃のロシアはどのようなチームになっているのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:2016/8/12(金) 7:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。