ここから本文です

上重聡アナ 局内“冷や飯”生活を救った「リオ五輪」特需!

女性自身 8/12(金) 6:01配信

 番組スポンサーからの利益供与疑惑で華やかな表舞台から消え去ってしまった、日本テレビの上重聡アナウンサー(36)。

 現在のレギュラー番組は、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のリポーターくらい。

「夏の高校野球が始まるんで、彼の母校・PL学園ネタで『上重アナのコメントを撮りましょうよ』と番組プロデューサーに言ったら、鼻で笑われました。どこの番組も、好感度の低いアナは使いたがらないので、しかたないですが……」(日本テレビ関係者)

 だがそんな上重にひさしぶりにスポットが当たりそうだ。

「“リオ特需”ですよ(苦笑)。もともと人手不足の夏休みに五輪が重なったため、彼もリオ五輪の生放送特番に登場することになりました」(前出・日本テレビ関係者)

 復活のきっかけをつかめるか――。

最終更新:8/12(金) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。