ここから本文です

テッパン! 「間違いなし」の山の行動食、教えます

エイ出版社 8/12(金) 17:50配信

これなら間違いなしの『テッパン行動食』をご紹介

登山の誘いを受けたら、装備といっしょに「山の行動食」を準備しよう。パッと取り出し、サッとエネルギーチャージができる行動食。あなたは何を持っていきますか? これなら間違いなしの『テッパン行動食』をご紹介。

≪行動食のオキテ≫積極的な補給で体力維持と回復を!

山では空腹やのどが渇いたと感じるまえに、早め早めにエネルギーや水分を補給することが大切。糖分だけでなく、汗で失われるミネラルも忘れずに。適切な行動食が疲れを最小限にくい止めてくれる。

【1.ガッツリ食べたい】栄養補助食品

エネルギーの他に、さまざまな栄養素がとれるバランス栄養食。「『クリーム玄米ブラン』はクリーム入りなので、水がなくても食べやすい」、「『SOYJOY』はパサつきが少ないのがいい」と、のどのとおりやすさも大事なポイント。

【2.やっぱり甘いもの!】チョコ類

高カロリーで、エネルギーになるチョコ類は、やっぱり行動食のテッパン。山では「キットカット」、「カントリーマアム」、「ベイク」など、溶けにくくベトベトしないもの、個包装で食べやすいものが選ばれている。

【3.カワキモノ代表】スナック&ナッツ類

「クリアボトルにナッツやクルミ、ドライマンゴーを混ぜたものを持っていきます」、「ミックスナッツと柿の種、小粒おかき、M&M’Sを混ぜて」など、しょっぱさと甘さ、どちらも楽しめるオリジナルミックスを作る人も多い。あなたも自分好みのミックスナッツを作ってみよう。

【4.しっとり感がいい】くきわかめ

コンビニやスーパーなどで手に入る味つきのくきわかめ。塩味、梅しそ味などがある。「甘酸っぱくて、水分も含んでいるので、のどが乾いていても食べやすい」、「シャキシャキ食感で、満足感がある」。ミネラル分が補えるのもうれしい。

【5.塩分補給】塩あめ

昔ながらの塩あめは、山の行動食のド定番。汗をかいて失われた塩分と、エネルギーになる糖分を同時に補給できる優れもの。疲れて食欲不振になっても口に含みやすいのでエマージェンシーキットに常備させておくとよい。水分を多く摂取する夏は、とくに塩分が不足しがちなので塩分補給は必須だ。

【6.疲れたときに、うれしい酸味】すっぱいお菓子類

カリカリ梅や乾燥梅干しなど、すっぱいものも人気。梅干しに含まれるクエン酸には疲労回復効果が期待できる。「疲れると甘すぎるものは受け付けなくなるけど『ピュレグミ』は甘酸っぱくて食べやすい。ジップタイプになっているので持ち運びにも便利だ。

最終更新:8/12(金) 17:50

エイ出版社

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。