ここから本文です

正しい知識で、楽しくなる「夏のランニング」

webスポルティーバ 8/12(金) 13:28配信

『美しくなるためのランニング講座』 第7回●暑い季節を楽しく安全に走る

ランニング初心者の馬場ふみかさん(女優・モデル)がフルマラソン完走を目標にトレーニングを開始! 指導担当は、湘南ベルマーレ・トライアスロンチームの中島靖弘ヘッドコーチ。「楽しく、頑張りすぎない」ランニング講座の第7回。

■前回の写真。ストレッチとエクササイズは一緒に行なうと効果的! 腹斜筋・腹横筋のトレーニングの様子

【プロフィール】
中島靖弘http://www.bellmare.or.jp/triathlon/profile/member.html
湘南ベルマーレ・トライアスロンチーム・ヘッドコーチ。ニューバランスランニングアドバイザー
馬場ふみかhttp://lineblog.me/babafumika/
女優・モデル。新潟県新潟市出身。167cm

■夏のランニングの注意点
 梅雨も明けて暑さの本番の迎えた8月、ランニングをする際に最も注意しなければいけないのが“熱中症”です。今回は夏季のランニングを安全に、快適に走る方法とアイディアを中島靖弘コーチが紹介します。

●こまめな水分補給
 熱中症対策としては、まずはしっかりと水分を摂ること。ランニングする前はお腹が張らない程度にたっぷりと、走っている最中はこまめに給水することをオススメします。

 飲むものは水でも構いませんが、汗によって体内から流れ出てしまう栄養素を補うために、ミネラルやアミノ酸などが、配合されたスポーツドリンクを飲むことも必要だと思います。

 暑い時期は、日常生活でも汗をかき、走り始める前に脱水の状態になるかもしれませんので、できれば、普段からペットボトルを持って水を飲む習慣をつけたほうがいいかもしれません。水分を多めにとって代謝を高めておけば、発汗がよくなり効率的に走れるようになります。とにかく水分補給が追いつかないことで、脱水症状を起こさないように気をつけましょう。脱水症状になれば、熱中症はもちろん走ることが困難になり、命の危険もともないます。「喉が渇いたな」と思ったときは、時すでに遅し。そう感じる前に水分を補給しましょう。

●走る時間帯と場所選び
 やはり朝や夕方といった涼しい時間帯に走ることをお勧めします。あるいは涼しい場所に移動して走ることができるのであれば、それに越したことはありません。

 例えば大会が近いなど、どうしても走らなければいけない場合は、ジムに行きトレッドミル(ルームランナー)を利用してもいいと思います。無理をして暑い野外で走るより、安全ですし、効率的でもあります。

 原則、初心者の方が気温30度以上の環境で走るのはオススメしません。それでも走る場合は、十分に水分補給をして、前日の睡眠もしっかりとることを心掛けてください。絶対に無理をしないこと。また涼しい夜間に走る場合は、反射板を体に装着するか、もしくは派手なウェアなど、車の運転手から視認してもらえるような格好で走ることも大事になります。

1/2ページ

最終更新:8/12(金) 13:28

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。