ここから本文です

Cロナ、故郷マデイラ島の大規模火災に義援金提供へ

フットボールチャンネル 8/12(金) 8:20配信

 レアル・マドリーのクリスティアーノ・ロナウドは、故郷ポルトガル・マデイラ島のフンシャルで発生した大規模な山火事への援助を申し出たようだ。10日、アメリカメディア『ESPNデポルテス』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 同地で発生した大規模な火災より、現時点で死者3名、約300名が病院へ搬送され、約1000名が避難しているということだ。

 ポルトガルメディアの情報では、ロナウドはマデイラ島のミゲル・アルブケルケ知事と話し、具体的な金額は報じられていないが、義援金を提供することを申し出たということだ。

 火事は市内の中心から少し離れた山間部で発生し、住宅地や商業施設、ホテルまで広がっているという。ロナウド自身も、先日、同地に自身のホテルとミュージアムをオープンさせていた。

フットボールチャンネル

最終更新:8/12(金) 8:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。