ここから本文です

史上空前のプレミア“名将対決” 総獲得タイトル数「66」は欧州各国リーグで断トツ1位

Football ZONE web 8/12(金) 13:36配信

熾烈を極める指揮官の争い ペップとモウリーニョが個人別でトップタイ

 今週末に開幕を迎えるプレミアリーグは、史上稀に見るほどの混戦が予想されているが、その要因の一つには間違いなくトップクラスの指揮官による熾烈な覇権争いに注目が集まっているからだろう。英衛星放送「スカイ・スポーツ」では、各国トップリーグを指揮する現役監督のタイトル数の合計をリーグ別に算出し、ランキングを作成。プレミアリーグで指揮を執る19人の指揮官(ハル・シティの監督は未定)の通算獲得タイトル数が66で欧州トップとなった。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 アーセナルで21年目のシーズンを迎えるアーセン・ベンゲル監督が、今季のプレミアリーグを指して「監督たちの世界選手権」と表現したように、今季のプレミアではタレント揃いの選手以上に監督の豪華さが際立っている。

 今回の調査では、各国の1部リーグ、国内カップ戦、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)などの国際カップ戦(2008年まで開催されていたインタートトカップは対象外)、そしてFIFAクラブワールドカップが対象となっている。プレミアリーグはスティーブ・ブルース前監督の退任によって監督未定のハル・シティを除く、19クラブの監督によるタイトル獲得数の合計が「66」に到達。2位のリーガ・エスパニョーラが「38」、3位ブンデスリーガ「19」という結果からも、圧倒的であることがよく分かる。

 そしてそのプレミアリーグのなかでも飛び抜けた成績を残す「トップ・オブ・トップ」の監督が、今季からマンチェスターの両雄を率いるペップことジョゼップ・グアルディオラ監督(マンチェスター・シティ)、ジョゼ・モウリーニョ監督(マンチェスター・ユナイテッド)の2人だ。ともに18タイトルを獲得し、個人別でトップタイに並んでいる。

大混戦の今季もプレミア初制覇監督が誕生?

 個人3位はACミランやレアル・マドリードなどで多くの栄冠を獲得し、今季からバイエルン・ミュンヘンを率いるカルロ・アチェロッティ監督で14タイトル。CLなど国際タイトルとは縁がないものの、国内リーグとカップ戦で12度の優勝経験を持つベンゲル監督、バルセロナの監督就任から2年で7冠を獲得したルイス・エンリケ監督が続いている。

 プレミアリーグには他にも、クラウディオ・ラニエリ監督(レスター・シティ)、アントニオ・コンテ監督(チェルシー)、ユルゲン・クロップ監督(リバプール)、マウリシオ・ポチェッティーノ監督(トットナム)、デイビッド・モイーズ監督(サンダーランド)など個性豊かな名指揮官が勢揃いしている。

 昨季は日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターが、ラニエリ体制1年目で奇跡の初優勝を果たして大きな話題となったプレミアリーグ。この熾烈な争いを制し、新たにトロフィーを掲げる指揮官は一体誰になるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/12(金) 13:36

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。