ここから本文です

エアコンを使わずに暑さを乗り切る10のアイデア

ライフハッカー[日本版] 8/12(金) 23:10配信

エアコンがない、まだ使いたくない、電気代を節約したいなど、理由は人それぞれでしょうが、気温が上がっても涼を取る方法はたくさんあります。その中から10の方法を紹介しましょう。

10. 水をたくさん飲む

暑い中、汗だくの状態を好む人はいません。これを軽減するには、シンプルに体温を下げるのが効果的です。そして、そのための有効は手だては、体温を下げる食べ物や飲み物をとること。この方法は、気温を下げる方法よりもずっと効果的です。必要な水の量や水にまつわる都市伝説に関しては、過去にも紹介したことがあります。これらを参考に、必要な水の量を飲むようにしましょう。

CDCによると、自分の身体をエアコンだと考えるのがいいそうです。ですから、水筒は常に冷たい水でいっぱいにしておきましょう。そんな時間がないと思う人や、水の味が好きじゃない人は、もっと水をたくさん飲むように、自分をだますといいでしょう。

9. 凍ったおやつを食べる

暑すぎるときに胃に入れられるものは、水だけではありません。氷を砕いて、おいしいスラッシー(かき氷)などはいかがでしょう。実際、かき氷は非常に暑い日の持久力を高めることが証明されています。特に、運動をするときや外出するときには効果的です。

食事にプロテインを取り入れるなら、プロテイン入り冷凍スムージーのレシピを参考にしてみては。冷却とフィットネスのための栄養補給の、両方を兼ねられます。いずれにしても、ただの氷水では飽きてしまいますので、何かを混ぜておいしくすることが肝心です。ただし、クリーム系のものよりも、氷の多いものにしておきましょう。

8. 扇風機で砦を作る

扇風機は空気を冷却こそしませんが、よどんだ空気を動かすことで皮膚上の汗を蒸発させてくれるので、涼しく感じます。これを頭に入れたうえで、もっと涼しくなるためには、窓や廊下に扇風機を置いて風を通したり、部屋の中でも涼しめの場所に置いて暑気を追い払ったりするといいでしょう。自分の家または部屋を発熱したPCと見なし、ファンを適切な場所に置くことを考えてください。

天井ファンがあるなら、最適な冷却効果になるように回転方向を設定しましょう。あるいは、温度制御装置を自作して、気温に応じて扇風機が自動で作動するようにするのもいいかもしれません。

1/3ページ

最終更新:8/12(金) 23:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック