ここから本文です

死者の脳=記憶を「覗き見る」技術が現実味…死刑囚の記憶から冤罪判明の可能性も

Business Journal 8/12(金) 22:30配信

 8月6日に封切りされた映画『秘密THE TOP SECRET』(松竹)は、エンタテインメントとしてだけではなく、社会に大きなメッセージを発信する作品といえるだろう。それは「科学の進歩」「人間の尊厳とは何か」を改めて問う物語でもある。

 原作は清水玲子のコミック。科学技術の進歩によって死者の脳を覗き見ることが可能となり、それを犯罪捜査に利用する未来の話がストーリーだ。死者の脳を覗き見るとは、脳から記憶を取り出し、映像化することである。こうした捜査手法を駆使して迷宮事件の解明に取り組むのが、警察庁のエリート集団「特殊脳内捜査チーム」こと、科学警察研究所法医第九研究室(通称:第九)であり、第九室長の薪剛を主演の生田斗真が演じる。

 もう少しストーリーを明かそう。第九には家族3人を殺して死刑を執行された父親、露口浩一(椎名桔平)の記憶を可視化し、行方不明の長女を探し出すミッションが与えられる。いざ、記憶を映像化してみると、映し出されたのは、長女が刃物を振り上げる姿であった。冤罪の可能性も浮上したため、検察庁は再捜査中止の判断を下すものの、第九は長女逮捕に向けて密かに捜査を再開する。

 捜査の途中、長女の関係者9人が一斉に自殺した。この9人は同じ少年院で更生のためのセラピーを受けていたことが発覚。そのセラピストが凶悪犯、貝沼清孝(吉川晃司)だった。貝沼も逮捕後に獄中で死亡するが、貝沼の記憶を覗いた捜査官も錯乱状態に陥り、次々と死に追い込まれる。

 その捜査員の一人、鈴木克洋を演じるのが松坂桃季だ。貝沼の記憶を覗いた鈴木は、この記憶は誰にも見せることはできないと貝沼の脳を破壊、錯乱した自分を撃てと薪に迫る。そして薪は、鈴木を撃つ。事件の全体像解明のためには、貝沼の記憶を覗いた鈴木の脳を見るしかないと薪は判断する。鈴木の記憶を解明することで、事件の深層に迫っていく。

●神経回路を再現する研究進む

 この物語、実現がいつになるかはわからない単なる「未来小説」ではない。脳科学を監修した国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第七部長の本田学は封切りに合わせてこうコメントしている。

「脳科学、情報科学、ゲノム科学、ナノテクノロジーなどの加速度的な進歩は『死者の記憶を覗き見る』未来を、荒唐無稽なものでなくしつつある。すでに日本を含む世界各国で、脳の中に存在するすべての神経回路を読み解き、完全に再現することを目指したプロジェクトが始動している。また脳が活動する時に発生する信号を読み解くことで、そのときに見ている『もの』だけではなく、『夢』をも描き出す技術が現実のものとなっている」

1/2ページ

最終更新:8/12(金) 22:30

Business Journal

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。