ここから本文です

「ユーベは105億円も支払ったのに豚が来た!」太り過ぎイグアインをクロアチアのレジェンドが酷評

Football ZONE web 8/12(金) 14:20配信

デビュー戦でのポッコリお腹ぶりに「ショック」伊紙伝える

 9000万ユーロ(約105億円)というイタリア国内における歴代最高額の移籍金でナポリからユベントスに移籍したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが体重オーバーを指摘されている。元クロアチア代表MFで現在アゼルバイジャン代表の監督を務めるロベルト・プロシネツキ氏は、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」に「ユベントスは9000万ユーロで豚を買った」と言い放っている。

【写真記事】元祖“神の手”マラドーナ 後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

 ユベントスは7日にプレミアリーグのウェストハムと親善試合を行い、そのゲームがイグアインのデビュー戦になった。しかし、その体つきはウエイトオーバーが明らかで、ポッコリとしたお腹に、ピチピチ感の出たユニフォームのシルエットがユベンティーノを失望させ、ウェブ上でもシェイプアップされていない肉体の画像が拡散している。プロシネツキ氏は、そのゲームを見てイグアインに怒りを覚えたという。

「私は画面に映る彼を見た時にショックを受けたよ。ユベントスは9000万ユーロを支払ったが、その代わりに到着したのは豚だったんだ。アッレグリもショックを受けただろうね。でも、彼がしっかりとしたフォームを取り戻してくれると思うよ」

開幕戦までに肉体を絞り上げられるのか

 期待が高いからこその酷評とも受け取れるが、「豚」と言い放った発言にはガゼッタ紙も「もう少し別の表現があるような気がするが」と前置きをするほどだった。

 シーズンオフを満喫したイグアインは、20日のリーグ開幕戦の強豪フィオレンティーナ戦までに、昨季セリエAゴール数新記録を達成したようなコンディションを取り戻すことができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/12(金) 14:20

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。