ここから本文です

中日、谷繁監督「解任」で歴史的暗黒時代に突入…勝手に選手解雇する落合GMの横暴

Business Journal 8/12(金) 22:32配信

 8月9日、プロ野球の中日ドラゴンズは谷繁元信監督と佐伯貴弘守備コーチの休養を発表、森繁和ヘッドコーチが監督代行を務め、一部コーチ陣の配置転換が明らかになった。

 谷繁監督は2014年から選手兼任監督を務め、今年から専任監督となっていたが、中日は借金15の最下位に沈んでおり、48年ぶりの8カード連続負け越しという記録的な低迷にあえいでいる(休養が発表された8月9日時点。11日時点で借金は16、連続負け越しは9カードに)。

 球団側から休養を要請された谷繁監督は「寝耳に水」「悔しさもある」と語っており、当初は「4年契約」とされていた谷繁監督の契約について、実際は「単年契約」だったことが明かされるなど、チームと球団の溝も浮き彫りになった。プロ野球を取材するスポーツライターが語る。

「谷繁監督自身が『こういうかたちで去るのは……』と語っているように、『休養』とはいえ、事実上の『解任』です。そもそも、プロ野球の監督が休養する際は『自ら申し出る』というかたちが一般的で、球団側から要請されること自体が異例。谷繁監督は専任になって1年目ですし、本来であれば、もう少し長い目で見る姿勢が必要でした。

 もともと、チーム内での谷繁監督の立場は微妙だった感が否めません。落合博満ゼネラルマネージャー(GM)との不仲がささやかれており、今春のキャンプでは谷繁監督が目をかけていた選手を落合GMが独断で解雇したことで、谷繁監督が激怒したともいわれました。また、落合GMは白井文吾オーナーと蜜月関係にありますが、白井オーナーは今回の件について『(落合GMの)意見は聞いた』『(落合GMがトップを務める)編成面には責任はない』と語っています」

 突然の解任劇の背景には、2人の確執の影響もあったのだろうか。しかし、当然ながら、不振の責任は落合GMも問われるものだろう。現在、後任の人選は小笠原道大2軍監督を軸に進められているというが、「それが、今の中日の闇を表している」と語るのは、前出のスポーツライターだ。

1/2ページ

最終更新:8/12(金) 22:32

Business Journal

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。