ここから本文です

バルサ新加入のDFウンティティ、本拠地デビューに感激

フットボールチャンネル 8/12(金) 8:50配信

 バルセロナのDFサミュエル・ウンティティは本拠地カンプノウデビューに喜びもひとしおのようだ。10日、スペイン紙『マルカ』などが報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 イタリアからサンプドリアを迎えて行われたジョアン・ガンペール杯で本拠地カンプノウデビューを飾ったウンティティは「このユニフォームを着てカンプノウでプレーできることは本当にうれしい。そして、自分の初の試合で勝利したという意味でもうれしい」と喜びを口にした。

 この試合では、ルイス・エンリケ監督に「私が知っている君のプレーを見せてくれ」と言われてピッチに送り出されたことを明かしている。

 先のEURO2016でフランス代表デビューも飾った22歳は「チーム内の偉大なプレーヤーたちから学び、監督がくれるチャンスにいい結果を出すことが目標だ」と語る。

 「難しいのは、このチームは要求されるレベルが高く、試合を通じ集中しなければいけないことだ」と述べ、「でも仲間の質が高く、非常に私をサポートしてくれる」と語るウンティティ。今季のバルセロナの目玉補強の一人として、そのプレーぶりに注目が集まりそうだ、

フットボールチャンネル

最終更新:8/12(金) 10:35

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。