ここから本文です

インテル新指揮官の補強リクエストは長友ライバル? オランダ代表左サイドバック獲得に動く

Football ZONE web 8/12(金) 16:02配信

デブール監督が愛弟子DFブリントに触手と伊紙報じる

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルの新監督に就任したフランク・デブール氏が、クラブに愛弟子の獲得をリクエストしているという。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 オランダの名門アヤックスの指揮を執っていた経験のあるデブール氏は、当時に左サイドバックのレギュラーとして信頼していたマンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表DFダレイ・ブリントの獲得を望んでいるという。同紙によると、これがデブール氏からクラブ側にリクエストする最初の選手になるという。

 ブリントは、ユナイテッドを率いていたオランダ人指揮官ルイス・ファン・ハール氏のリクエストで加入していたが、ジョゼ・モウリーニョ監督へとバトンタッチされた今季はクラブ内での立場が厳しくなるとレポートされている。そこで、インテルに就任したデブール氏が誘いの手を伸ばしているようだ。

長友以外にもSBは飽和状態だが…

 インテルは両サイドでプレーできる万能型の長友、ダニーロ・ダンブロージオに加え、左サイドにはトルコ代表DFジャネル・エルキンとDFクリスティアン・アンサルディを今季補強している。さらに、右サイドを主戦場とするダビデ・サントンはウェストハム移籍で合意に達していたが、メディカルチェックをパスできずに残留が決まった。そこにブリント獲得となれば、昨季に続くサイドバックの飽和状態となる。

 それを承知で獲得に動く以上は、ブリントに対する信頼の大きさが窺われる。昨季、激しいレギュラー争いの末にシーズン序盤は苦境に陥った長友だが、今季も人数的に飽和した中でのサイドバック争いを強いられることになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/12(金) 16:02

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。