ここから本文です

『真田十勇士』特別映像、中村勘九郎や松坂桃李らが殺陣姿を披露

リアルサウンド 8/12(金) 14:05配信

 9月22日に公開される堤幸彦監督作品『真田十勇士』より、2種類の特別映像が公開された。

 本作は2014年に大ヒットを記録した舞台「真田十勇士」を、同作品の演出を手がけた堤幸彦監督が映画化したもの。真田幸村を後世まで名前を残す武将にしたのは、猿飛佐助が仕立てあげたものだったという発想のもと、幸村のもとに集結した十勇士たちの大逆転劇を描く。主人公・猿飛佐助役を中村勘九郎が務め、松坂桃李、大島優子、永山絢斗、加藤雅也、松平健、大竹しのぶらが出演する。

 このたび公開されたのは、アクション編とストーリー編と題された2種類の特別映像。映像では、巨大な真田丸や大坂城などのセットを舞台に、徳川軍二十万の兵士と真田十勇士たちの激突が描かれる。騎馬による合戦シーンのほか、中村勘九郎、松坂桃李らの殺陣が披露されており、黒澤和子が手がけた十勇士たちの甲冑衣裳も確認できる。

(リアルサウンド編集部)

リアルサウンド編集部

最終更新:8/12(金) 14:05

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。