ここから本文です

アーセナルに大ピンチ襲来! ”アシスト王”エジルにレアル電撃復帰の可能性が急浮上

Football ZONE web 8/12(金) 20:40配信

消極的なクラブの姿勢に不信感と苛立ちを募らせる

 アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルにレアル・マドリード電撃復帰の可能性が急浮上している。ドイツ紙「ビルト」が報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 エジルは2013年にレアルからクラブレコードとなる5000万ユーロ(当時のレートで約65億円)でアーセナルに加入。昨季はプレミアリーグ歴代2位の記録となる19アシストを収めていた。

 しかし、クラブは2003-04シーズン以来リーグ制覇から長く遠のき、ビッグネームの補強も進んでいない。エジルはそんなクラブの消極的な姿勢に不信感と苛立ちを募らせ、来季いっぱいで満了を迎える契約の延長交渉を頑なに拒否しているという。

 同記事ではエジルの去就について「エジルの心はいまだマドリードにある。もしレアルとの再契約のチャンスがあるのだとしたら、彼らすぐにでも戻ることになるだろう」と伝えている。

 アーセナルは今オフ、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディーの獲得に失敗するなど補強が進まなかった。また現有戦力でもエースのチリ代表FWアレクシス・サンチェスがエジルと同じく契約延長に難色を示しており、未曾有の危機に陥っている。果たしてアーセン・ベンゲル監督はチーム崩壊を免れることができるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/13(土) 0:38

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。