ここから本文です

女王ブラジルに完敗。次のロシア戦、「4つの世界一」の先に勝利が見える

webスポルティーバ 8/12(金) 19:40配信

 リオ五輪バレーボール、全日本女子は11日、五輪連覇中の地元ブラジルと対戦し、0-3のストレートで敗れて、成績を1勝2敗とした。

【写真】セッターの田代佳奈美

 前の2戦に引き続き、試合後、元全日本の杉山祥子さんに振り返ってもらった。

【profile】
杉山祥子(すぎやま・さちこ)
全日本のミドルブロッカーとして、アテネ五輪・北京五輪に出場。グランドチャンピオンズカップでは銅メダルを獲得。Vリーグで7度のベスト6をはじめ、ブロック賞3度、スパイク賞、敢闘賞のキャリアを誇る。スピードのある多彩な攻撃と固いブロック力に定評があった。2013年引退後は各メディアで解説をしている。

―― 相手が五輪王者といえ、ストレート負け。厳しい戦いでした。

「予想はしていましたが、やはり厳しかったですね。第1セットの入りは8-4と差をつけて、理想的だったのですが、その後じりじりと追いつかれてしまいました。中盤の14-13から、サーブミスした後に、スパイクミスがあったりと、自分たちのミスで相手に追いつかれてしまい、さらに連続失点。(フェルナンダ・)ガライ(・ロドリゲス)にブロックされたのもききました。

  気になったのはチャンスボールの返球ミス。この前の試合でも何度か見られましたけど、直接の失点にはなっていなくても、返球が長かったり短かったりで、本当だったらAパス(セッターが動かずトスが上げられる位置へのパス)からコンビを組み立てなければいけないのが、仕掛けられずに『もったいないな』と思いました。チャンスボールは絶対にセッターにいい球を返さないといけません」

―― スターティングメンバーに、この試合からセッター田代佳奈美選手が起用されました。

「田代はカメルーン戦で非常によいトス回しをしていたので、これは納得の起用でした」

―― 第2セット石井優希選手に代えて、鍋谷友理枝選手を投入しましたが。

「石井は今回サーブで狙われていましたから。そういう意味での交代だったと思います。鍋谷も2セット目に入って自分の役割をしっかり果たしてくれていたと思います。ちゃんと試合に入る準備していたなと。もちろんサーブもよかったし、スパイクを決めた後の、チームを鼓舞し、盛り上げるようなガッツポーズもよかったですね」

―― この試合も途中から迫田さおり選手がコートに入りました。

「すごく迫田らしい思い切ったいいスパイクが見られたと思います。第1戦、第2戦から引き続きサーブもよかったですし、後発で入った時の集中力には目を見張りました」

―― 交代選手が活躍しても、第2、第3セットはブラジルにリードされる展開が続きました。

「連続失点が気になりましたね。2セット目、6-5でリードしていてからの5連続失点。逆に日本は、なかなか連続ブレイクが取れなかった。1本でサイドアウトを切られていた。荒木絵里香のブロックがあったり、ラリー中にミドルの攻撃があったり、いいところもあったんですけど、連続得点につなげられなかった」

1/2ページ

最終更新:8/12(金) 19:40

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。