ここから本文です

日本代表、不足していた「守備における個」のクオリティ。注力すべきCBの育成【西部の目/リオ五輪サッカー】

フットボールチャンネル 8/12(金) 10:57配信

U-23日本代表は現地時間10日、リオ五輪グループステージでスウェーデン代表と対戦。1-0の勝利を収めが、グループステージ敗退が決定した。日本は強みである組織力を活かして大会に臨んだものの、ナイジェリア戦、コロンビア戦で失点が重なってしまった。今大会のCB陣には他のポジションに比べて守備においての個のクオリティが不足していた。日本は今後、CBの育成に注力すべきである。(文:西部謙司)

日本、初勝利も決勝T進出ならず グループステージ最新順位表【リオ五輪】

スウェーデンに順当勝ちも…惜しいグループステージ敗退

 スウェーデンは日本と同じようなゾーンの4-4-2、整然とした守り方は北欧の伝統だ。互いにまずスペースを埋める守り方がメインなので、探り合いのスローテンポな展開になった。しかし、次第に日本がペースを握り、大島の突破から矢島のゴールが決まって1-0。決定機も日本が多く、勝つべくして勝った試合といえる。

 今回の日本はグループリーグを突破する力があった。ただし、突破して当然というほどでもない。4位だった前回大会よりもチームとしての完成度はむしろ高かったが、ミスによる失点が多すぎた。2試合目のコロンビアに引き分けた時点で自力突破の可能性がなくなった以上、(コロンビアに負けた)ナイジェリアに文句を言っても仕方がない。

 スウェーデン戦は大きなミスもなく無失点。1-0の勝利は、3試合目にしてはじめて狙いどおりの試合ができたといえる。もともと今回のチームはアジア予選突破すら危ぶまれていた。予選を堅守速攻で勝ち抜き、五輪では7ゴールの攻撃力もみせた。成長していただけに敗退は惜しい。

 日本の強みは組織力だった。ワールドカップと違って、五輪は組織力があれば勝ち上がれる可能性のある大会だ。今回はミスで自滅してしまったが、ナイジェリア戦、コロンビア戦も勝つチャンスはあった。

 一方で、個人能力で圧倒できるような選手はいなかった。グループリーグを通るか通らないかではなく、突破して当然の立場になるには個人の能力を上げなければならない。

 南野や浅野はときおり素晴らしい個人技を発揮していたが、スウェーデン戦では1対1で止められるシーンが続いていた。狭いエリアでもターンできて失わないクオリティをみせた大島、中島、矢島にしても、大会のスーパースターに数えられる存在かといえばそうではないだろう。リオ五輪を機に、さらなるスケールアップに期待したい。

1/2ページ

最終更新:8/12(金) 11:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。