ここから本文です

明暗別れた日韓の“谷間の世代”…韓国は「奇跡」、日本は「屈辱の敗退」【リオ五輪サッカー】

フットボールチャンネル 8/12(金) 11:30配信

 U-23日本代表はリオ五輪グループステージ第3戦でスウェーデンと対戦し、1-0の勝利を収めるもコロンビアがナイジェリアを下したため、グループステージ敗退となった。一方、アジア最終予選決勝で日本に敗れた韓国はロンドン五輪で金メダルを獲得したメキシコを下し、決勝トーナメントに駒を進めた。日本と韓国、どちらも“谷間の世代”と呼ばれたチームだが、リオでは明暗が別れる結果となった。(文:キム・ドンヒョン【城南】)

決勝T決定 韓国はホンジュラスと決戦 グループステージ最新順位表【リオ五輪】

日本は敗退、韓国は突破。明暗別れた日韓の“谷間の世代”

 グループステージ突破のための最低条件こそ果たしたが、そこまでだった。日本代表は10日(日本時間)、サウバドールで行われたリオ五輪グループステージ第3戦でスウェーデンと対戦。

 途中出場のMF矢島慎也の決勝ゴールで1-0と勝利を収めるも、ナイジェリアを2-0で下したコロンビアに勝ち越され、グループステージ敗退で大会を終えた。

 前回の2戦と比べてボールポゼッションはもちろん、安定的に相手を封じる守備やヨーロッパ予選1位のスウェーデン相手に物怖じせず果敢に攻める場面が相次ぐなど、内容的には大幅の改善を果たしただけに痛々しい結果となった。

 一方、日本より先に試合を行った韓国は前回王者メキシコと対戦。韓国のライジングスターで“左足のスペシャリスト”、クォン・チャンフンの左足がまたも爆発。相手を3人かわしてスーパゴールを決めた。

 これがそのまま決勝ゴールとなり、2勝1分でグループ1位。2大会連続ベスト8進出をも果たした。

 攻撃は言うまでもなく不安定と指摘されていたDF陣には元FC東京のチャン・ヒョンスがオーバーエージ(OA)で加わった上に、大会が進むにつれて組織力が高まった。決勝トーナメント1回戦のホンジュラス戦で勝てば、メダル獲得も射程圏内に入る。

「韓国の前には花道が用意」「日本に奇跡はなかった」

 韓国メディアもベスト8進出を自祝した。特に大会開催前までいわゆる「谷間の世代」とされていた今回の韓国代表には喝采が送られた。『ジョイニュース24』は「谷間の世代、奇跡の行進なるか」との見出しの記事でベスト4進出への期待を隠さなかった。

「谷間の世代の代表がネガティブな展望を破り、最初の目標を達成した。(中略)谷間の世代の前には花道が用意されている。ホンジュラスとの歴代対戦成績は2勝1分と優位だ。ベスト4進出も不可能ではない。いくらでも奇跡を起こせることを見せた谷間の世代の前進があるのみだ」

 同じく「谷間の世代」と呼ばれた日本の脱落も伝えられた。『インターフットボール』は「日本に奇跡はなかった」としたタイトルの記事で、「日本がスウェーデンとの試合を制するもコロンビアがナイジェリアに勝ったため、挫折した」と報道。

『スポータルコリア』も「日本が勝利を収めるも屈辱のグループステージ脱落を味わった」と伝えた。『東亜日報』のオンライン版は見出しに「さようなら」と書く場面もあった。

 本大会における「谷間の世代」の悲喜こそ行違ったが、サッカーは、そして日本と韓国の目に見えない熱い競争はこれからも続く。

 韓国の善戦、そしてこの挫折を機に、日本のさらなる飛躍を願うのみだ。

(文:キム・ドンヒョン【城南】)

フットボールチャンネル

最終更新:8/12(金) 12:03

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革