ここから本文です

香川、12度目のバイエルン戦はベンチスタートか。ゲッツェ&フンメルスは早速古巣対戦へ

フットボールチャンネル 8/12(金) 15:43配信

 ドルトムントとバイエルン・ミュンヘンは、現地時間14日にドイツ・スーパーカップで対戦する。

香川真司が今季初合流。軽快な動きで好調アピール【現地から貴重映像!ドルトムント練習風景】

 昨季はバイエルンがリーグ戦とDFBポカール(ドイツ杯)の両方を制したため、リーグ2位のドルトムントが出場することとなった。試合はドルトムントの本拠地シグナル・イドゥナ・パルクで開催される。

 独紙『キッカー』はこの試合の予想スタメンを掲載した。

▼ドルトムント
GK:ロマン・ビュルキ
DF:フェリックス・パスラック
DF:ソクラティス・パパスタソプーロス
DF:マルク・バルトラ ★
DF:マルセル・シュメルツァー
MF:ゴンサロ・カストロ
MF:セバスティアン・ローデ ★
MF:ウスマン・デンベレ ★
MF:マリオ・ゲッツェ ★
MF:アンドレ・シュールレ ★
FW:ピエール=エメリック・オーバメヤン

▼バイエルン
GK:マヌエル・ノイアー
DF:フィリップ・ラーム
DF:ハビ・マルティネス
DF:マッツ・フンメルス ★
DF:ダビド・アラバ
MF:ジョシュア・キミッヒ
MF:アルトゥーロ・ビダル
MF:チアゴ・アルカンタラ
MF:トーマス・ミュラー
MF:フランク・リベリ
FW:ロベルト・レバンドフスキ

★=新加入選手

 ドルトムントのゲッツェは今夏バイエルンから加入し、5年ぶりの古巣復帰を果たした。一方、元ドルトムントのフンメルスもこの夏に下部組織から所属していたバイエルンに復帰しており、両選手にとっては早速古巣対決を迎えることとなった。また、ドルトムントのローデもバイエルンからの新加入選手のため古巣対決となる。

 予想スタメンに日本代表MF香川真司の名前はなかった。香川はバイエルンとキャリア最多の11度対戦しているが、12度目の対戦はベンチスタートとなりそうだ。

 ドルトムントはスーパーカップで最多5回の優勝を誇り、バイエルンが4回で続く。もしバイエルンが優勝すれば、ドルトムントと並んで最多タイとなる。

 なお、過去5回の開催ではいずれもリーグ優勝したチームが全敗しているというジンクスがある。また、その過去5回のうちバイエルンとドルトムントは3回対戦してバイエルンが1勝、ドルトムントが2勝を収めている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/12(金) 17:08

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)