ここから本文です

アリババのネット通販、売上高の75%がモバイル経由に Q1は上場以来の好業績

Forbes JAPAN 8/12(金) 16:30配信

中国経済についてはこれまで、成長の鈍化傾向が詳しく伝えられてきている。だが、同国の電子商取引最大手、アリババが先ごろ発表した四半期決算の結果がなんらかの指標になるとすれば、中国の消費者部門はまだまだ活況だということになる。



アリババの2016年第1四半期決算(4~6月)期の売上高は、前年同期比59%増の322億元(約4, 943億円)。営業利益は88億元円、償却前営業利益は138億元だった。

同社の蔡崇信(ジョセフ・ツァイ)副会長は8月11日行った投資家向けの電話会議で、2014年の新規株式公開(IPO)以来最大の増収率となった同期決算は、アリババの収益力を示すものだと語った。

副会長はまた、中国経済が直面する逆風や産業界の電子商取引への期待値が低下している中、同社の中国国内での電子商取引部門の売上高が同期に49%増を記録したことは、多くの人を驚かせたかもしれないと発言。これは、国内での消費の鈍化と自社のネット通販の収益の伸びを切り離すことができたためだと説明した。さらに、それを示す例として、売上高/取扱高(take rate)は同期に初めて、携帯端末が2.8%となり、パソコンを上回ったことを挙げた。

携帯端末経由の取引は今年6月、月間のアクティブバイヤーが前年同月比39%増の4億2,700万人を記録(前期比4%増)。同社のネット通販による売上高のうち、携帯端末による取引での売上高は前年比119%増の175億元となり、売上高全体に占める割合は75%にまで増加した。

一方、アリババは今期、初めて事業部門別に業績の内訳を発表。中核の電子商取引のほか、クラウドコンピューティング、デジタルメディアと娯楽、イノベーションなどに分けて業績を明らかにした。クラウドコンピューティング部門は小規模ながら急成長を遂げており、同期の売上高は前年同期比156%増の12億元だった。

好調な業績発表を受け、アリババ株は8月11日、ニューヨーク市場でおよそ6%上昇。馬雲(ジャック・マー)会長と副会長の資産はそれぞれ、7億ドル(約714億円)、2億ドル(約204億円)を超えたとみられている。

Steve Schaefer

最終更新:8/12(金) 16:30

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。