ここから本文です

本田も犠牲に!? 「買い」には「売り」が不可欠のミランが現有戦力の換金に動く

SOCCER DIGEST Web 8/12(金) 14:39配信

今のミランの金庫には2000万ユーロすら入っていない。

 ここまでは停滞していたミランの今夏補強に、ようやく動きが見えはじめてきた。
 
 8月5日、シルビオ・ベルルスコーニ名誉会長傘下の中核企業である投資会社『フィニンベスト』が、中国のベンチャーキャピタルであるSEIMC(Sino Europe Investiment Management Changxing)社とクラブ株式の99.93%を売却することで仮契約したと発表した。
 
 新オーナーとなる見込みのSEIMC社は、買収の条件として戦力補強のために向こう3年間で総額3億5000万ユーロ(約420億円)をクラブに投入すると確約。この大きな投資姿勢が、1986年から20年間に渡ってパトロンを務めてきたベルルスコーニにミラン売却を決断させたと言われている。
 
 しかし、補強戦略を一手に担うアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は、今すぐこの巨額の資金を使えないジレンマに陥っている。
 
 中国の新経営陣は、前述の予算の内、今シーズン向けに1億ユーロ(約120億円)を拠出するとしている。ただし、彼らが実際に金庫の扉を開けるのは、年末にクラブ株式の譲渡が完全終了してから。つまり、ミランが実際に潤沢な資金を使えるのは、来年1月の冬の市場からということだ。
 
 来年からの経営シートに赤字を繰り越させないために、中国側は今夏の市場で新たな赤字を出すことを望んでいない。
 
 SEIMC社は、“クロージング”と呼ばれる株式譲渡完了を11月20日のミラノ・ダービーまでに前倒ししたい意向もあるようだが、いずれにせよ残り3週間を切った今夏メルカートで“チャイナ・マネー”に期待することはできないのだ。
 
 ミランがここまで今夏に獲得した新戦力は、昨シーズンのセリエB得点王であるFWジャンルカ・ラパドゥーラ(ペスカーラから)、左SBのレオネル・バンジョーニ(リーベルから)、そして同じく欧州初挑戦のCBグスタボ・ゴメス(ラヌースから)という3人だけ。チャンピオンズ・リーグ復帰を目指すうえで、お世辞にも十分とは言えない。
 
 ガッリアーニ副会長は現在、ヴィンチェンツォ・モンテッラ新監督が獲得を熱望しているファン・ギジェルモ・クアドラードのレンタル獲得に向けて動いている。
 
 しかし、チェルシーはレンタルではなく完全移籍を交渉の条件としている。金額は最低2000万ユーロ(約24億円)と見られるが、現在のミランの金庫には、移籍金高騰が顕著な今夏のメルカートでは「たかが」と言っても過言ではない2000万ユーロすらも入っていないのだ。当然、交渉は難航している。

2016年夏に新天地を求めた主な選手を移籍写真で紹介!

1/2ページ

最終更新:8/12(金) 15:01

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。