ここから本文です

かつての名DFパヌッチ、監督として9か月間で3度解任の憂き目に…

SOCCER DIGEST Web 8/12(金) 18:30配信

先月初旬に就任して、リーグ開幕まで2週間の時点で解任…。

 先月の頭にセリエB・テルナーナの監督に就任したクリスティアン・パヌッチ。90年代のミランの黄金時代を支え、ローマ、イタリア代表、そしてレアル・マドリーなど海外クラブでも活躍した、カルチョの歴史に残る名DFのひとりである。
 
 2010年の現役引退後、テレビ解説者を経て12年にパレルモのテクニカルディレクターに就任するも、わずか1か月あまりで辞任。その後、ロシア代表で恩師であるファビオ・カペッロ監督のアシスタントを務めた。
 
 15年3月からは当時セリエBのリボルノで、クラブの監督としてのキャリアをスタートさせたが、同年11月に成績不振を理由に解任される。ところが、後任監督が後の9試合で一度も勝利を収められなかったため、16年1月に呼び戻されることとなった。
 
 しかし、再就任後もチームの調子は上がらず、3月下旬、32節を終えた時点で再び解任の憂き目に遭った。結局、リボルノは22チーム中20チームで自動降格となっている。
 
 4か月で2度クビを切られたパヌッチは、心機一転、今年7月初旬にセリエBのテルナーナの監督に就任。8月28日のリーグ開幕に向けて強化を続けていたが、8月11日、クラブはSNSなどで、就任したばかりの指揮官の解任を発表した。
 
 テルナーナは8月7日、今シーズン最初の公式戦であるコッパ・イタリア2回戦を戦い、セリエCのポルデノーネを延長戦の末に2-0で下したが、これまでの戦いぶりを見て、クラブは苦渋の決断を下したようだ。
 
『Gazzetta Dello Sport』によると、パヌッチは「ここまでプロフェッショナルとしてするべき仕事をしてきた。クラブの決断は受け入れる」と声明を出している。
 
 昨年11月から数えると、約9か月間で3度も解任されてしまったパヌッチ。器用なDFとしてどのクラブでも重宝されてきた選手時代とは違い、指導者としてのキャリアは苦難に満ちているようである。

最終更新:8/12(金) 18:41

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。