ここから本文です

【J1展望】湘南×広島|5連敗中の湘南、好調な長谷川の怪我は? ジネイの起用法は? 広島は皆川が好調!

SOCCER DIGEST Web 8/12(金) 19:14配信

湘南――前線+右ウイングバックは流動的。大槻は連発なるか?

J1リーグ 2ndステージ・8節
湘南ベルマーレ × サンフレッチェ広島
8月13日(土)/18:30/Shonan BMWスタジアム平塚
 
湘南ベルマーレ
2ndステージ成績(5節終了時):17位 勝点3 1勝0分6敗 4得点・15失点
年間成績(24試合終了時):17位 勝点19 5勝4分15敗 22得点・42失点
 
【最新チーム事情】
●5連敗中だが、長谷川、ジネイ、大槻、大竹…前線に躍動感。
●GKと3バックの顔触れは変更なし?
●待たれるラッキーボーイ的な選手の登場。
 
【担当記者の視点】
 前節の浦和戦は、ミスから失点を重ねて、結果的に1-4で敗れた。それでも長谷川、ジネイ、大竹、大槻……と前線が躍動。攻撃面での期待が膨らんだ。

 しかし、左シャドーで後半途中までプレーした長谷川は、大腿部を傷めたため出場が微妙。メンバー入りはしそうだが、先発からは外れかもしれない。そうなると、シャドーは高山、端戸らの起用が考えられるなど、全体的に攻撃陣が“シャッフル”されそうだ。

 さらに期待されるのがジネイだ。浦和戦では限られた時間のなかで、まずまずのパフォーマンスを披露。長谷川と同様に、メンバー入りはしそうで、初先発もあり得るか?

 ホームでは6月18日の第1ステージ16節・磐田戦(1-0で勝利)以来、勝利がない。強豪とはいえ広島との相性は決して悪くはない(第1ステージは90+5分に失点してドロー……)。ラッキーボーイ的な選手の登場も待たれるところだ。
 

広島――宮吉の代役には新助っ人A・ロペスが濃厚。

J1リーグ・2ndステージ8節
湘南ベルマーレ – サンフレッチェ広島
8月13日(土)/19:00/Shonan BMWスタジアム平塚
 
サンフレッチェ広島
2ndステージ成績(7節終了時):7位 勝点11 3勝2分2敗 14得点・10失点
年間成績(24試合終了時):4位 勝点40 11勝7分6敗 46得点・28失点
 
【最新チーム事情】
●最近3戦・2ゴールと活躍した宮吉が負傷離脱。全治は約8週間。
●守備の修正はできてきた。しかしハイボールに苦戦中。
●サテライトリーグの名古屋戦で、皆川がハットトリック!
●新戦力の戦術浸透はまだまだ。
 
【担当記者の視点】
 一時は複数失点を繰り返していたが、最近3試合は1失点と修正できている。ただし、ストッパーは180センチ以下の選手しかおらず、空中戦に苦戦する。それでも球際の強さと切り替えの速さを徹底し、堅守を取り戻せてきている。
 
 一方攻撃面は、最近3試合で2得点を挙げ、攻守のつなぎ役としても機能していた宮吉が前節の名古屋戦で負傷し、全治8週間と長期離脱になったのは痛い。

 A・ロペスは強烈なパワーを保持しているが、戦術浸透は不完全で、Jのスタイルにも順応が必要。森﨑浩がサテライトリーグで80分を超える出場を果たしたとはいえ、先発起用には不安が残る。バランス感覚に長けている茶島についても決定機をどこまで創出できるか。戦力不足は、まだまだ続く。
 

最終更新:8/13(土) 0:11

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。