ここから本文です

【J2】首位・札幌が11試合ぶりの敗戦。2位松本は岐阜と引き分け、5試合ぶり白星のC大阪が3位に浮上

SOCCER DIGEST Web 8/12(金) 19:25配信

札幌は横浜FCに敗れ、連勝が4でストップ

 J2リーグは8月11日、第28節の全11試合を開催。ニッパツ三ツ沢球技場では横浜FC対札幌の一戦が行なわれ、横浜FCが1-0で勝利した。
 
 試合は立ち上がりから4連勝で勢いに乗る札幌が攻勢に出る。13分、福森のミドルはGKの攻守に阻まれるが、26分には都倉のクロスから宮澤がヘディング。しかし、このシュートも惜しくもクロスバーを直撃し、得点にはならない。
 
 後半になっても攻撃の手を緩めない札幌だが、ゴールを奪いきれない。すると、耐え凌いだ横浜FCが均衡を破った。70分、左CKからのクロスをGKが弾くと、こぼれ球に反応したのはファーサイドにいた大久保。倒れ込みながらもシュートを突き刺し、ゴールネットを揺らした。
 
 この1点を守り切った横浜FCが1-0で勝利。敗れた札幌は連勝が4でストップし、11試合ぶりの黒星となった。
 
 2位の松本はホームで岐阜と1-1のドロー。18分にFKから後藤のヘディングで先制点を挙げたものの、終了間際にFKから瀧谷にヘディングを決められ、手痛い引き分けとなった。
 
 4位のC大阪はアウェーで山口と対戦し、関口と山口のゴールにより2-0で5試合ぶりの勝利。岡山が愛媛に1-1で引き分けたため、勝点で岡山を1ポイント上回ったC大阪が3位に浮上した。
 

J2リーグ 順位表

最終更新:8/12(金) 19:25

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。