ここから本文です

大人もハマる工場見学 レアな試食体験から小さな穴場まで

NEWS ポストセブン 8/13(土) 7:00配信

 ここ数年、人気が高まっている工場見学──。かつては小学生の社会科見学というイメージが強かったが、最近では大人もハマる人気スポットとなっている。夏休み期間中に工場見学を予定している人も多いだろう。

「企業側にとっても、消費者と直接触れ合うことができるうえ、固定ファンの獲得にもつながると、見学コースの公開範囲やサービスを年々パワーアップさせています。その結果、充実の試食やお土産、迫力ある製造ラインの公開、楽しませるための演出など、見学者にとってワクワクする工場見学施設が激増しています」

 こう話すのは、多いときは1日に3件、月に10回は工場見学に出掛けるという無類の工場見学マニアで、シティリビングWeb公式ブロガーの丹羽桃子さんだ。丹羽さんがお薦めする食品メーカーの工場見学をテーマ別に紹介しよう。※「」内のコメントは丹羽さん

【レアな試食体験】

●ロッテ狭山工場/埼玉県狭山市新狭山
『キシリトール』などのガムや、『チョコパイ』をはじめとするビスケット類を製造。

「チョコパイは市販のものはしっとりしていますが、出来立てはビスケット生地がサクサクしていて別物のように美味しい! まさにここに来ないと食べられないレア商品です」

●崎陽軒横浜工場/神奈川県横浜市都筑区
 言わずと知れた横浜名物のシウマイメーカー。

「この工場では“昔ながらのシウマイ”と“特製シウマイ”を試食できます。お弁当で食べたことがある人もたくさんいると思いますが、やはり作り立てのシウマイは格別。実際に作られる様子を見た後なので、さらに美味しく感じること間違いなしです」

【レアなお土産ゲット】

●赤城乳業/埼玉県本庄市児玉町
 ロングセラーの『ガリガリ君』を中心とした各種アイスクリームを製造。工場見学は1日3回、100名を限度に受け入れているが、あまりの人気に見学できる当選倍率は500倍ともいわれている。

「ここに来ると、ガリガリ君の形をした消しゴムやクリアファイルなど、子どもだけでなく、文房具マニアにもたまらないお土産がもらえます。また、ハロウィンやクリスマスなど季節ごとのイベントが充実しているのも魅力です」

1/3ページ

最終更新:8/13(土) 7:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ