ここから本文です

気功健康塾を営むマラソン・宗茂氏 国会議員オファー5回

NEWS ポストセブン 8/13(土) 7:00配信

「国会議員への誘いは今まで5回ほどありました。興味ないし、利用されるだけですから」──。1970~1980年代にかけて、マラソン界を引っ張ってきた宗兄弟の兄・茂(63)にとって、モスクワ五輪(1980年)のボイコットは忘れられない。

 カリフォルニアでの合宿を終える頃、監督が「ハワイに寄ろう」と珍しくバカンスを勧めた。「練習優先」と断わり、成田空港に着くと、報道陣から不参加を知らされた。

「監督もいい出せなかったんでしょうね。地獄に落ちた気分でしたよ。モスクワ五輪を経験していれば、ロスでの調整ミスはなかったでしょう」

 期待されたロス(1984年)では、暑さ対策のために練習をし過ぎ、疲労困憊のままスタートラインに立っていた。

「当日になっても、気持ちが全く高ぶらなかった。レース前に文庫本を読み始め、3時間で読み終えたほどだった」

 17位という苦い経験は旭化成の監督になって活かされ、バルセロナ(1992年)では森下広一を銀メダルに導いた。現在は、宮崎県で『気功健康塾』を営んでいる。

「監督を始めた頃、自分に気功の素質があると気付いた。体が痛くて悩んでいる人の自然治癒力の回路を開きたい」

(敬称略)

●撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年8月12日号

最終更新:8/13(土) 7:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。