ここから本文です

山崎まさよしが濱田岳の歌声を絶賛「声帯交換して!」

Smartザテレビジョン 8/13(土) 7:01配信

テレビ東京系で年内放送予定の「ドラマスペシャル 湊かなえサスペンス『望郷』」の主題歌が、山崎まさよしの「光源」に決定した。

【写真を見る】濱田岳は故郷に思い出したくない過去がある人気歌手役を演じる

この楽曲は「望郷」を愛読していた山崎がこの作品のために書き下ろした楽曲で、9月28日(水)にリリースされる山崎のニューシングル「君の名前」に収録される。

そして、「雲の糸」の主演・人気歌手役を務める濱田岳が、同曲を劇中歌「空の果て」として、ドラマの中で披露することも分かった。

本ドラマは、瀬戸内海に浮かぶとある島を舞台に、島に関わる人々の交錯する思いを描いた連作ミステリー短編集「望郷」の中から「みかんの花」「海の星」「雲の糸」の三編をオムニバスドラマ化したもの。

さらに「雲の糸」の中で、山崎は、黒崎ヒロタカ(濱田)の就職先の先輩役として6年ぶりにドラマにも出演。後に人気ミュージシャンとなるヒロタカに音楽の楽しさを気付かせ、絶望の人生から生まれ変わるきっかけをつくった人物を演じる。

濱田がレコーディングに初挑戦した日、山崎は激励に駆け付け、和やかな雰囲気で行われたという。レコーティング後、濱田と山崎がコメントを寄せた。

■山崎まさよしコメント

――「光源」はどのように作ったのですか?

(ドラマ主題歌の)話が来たのは、ちょうど湊かなえさんのこの「望郷」を読んでいた時でした。僕は瀬戸内の山口から出てきたので、「雲の糸」のシチュエーションがすごくオーバーラップしたんです。小説の中ほど切羽詰まった感じではなかったのですが、ただ、自分の経験と(濱田くんが)演じられた役柄が折り重なって、思いのまま感じたままを書きました。

――濱田さんの歌はいかがでしたか?

いや、うまいです! 声がすごく良いですね。マイクのノリがすごくいい。(濱田に向かって)声帯替えようか?(笑)

――6年ぶりのドラマ出演でしたがいかがでしたか?

1時間にも満たないほどの電光石火のような撮影でしたから、何を感じる余裕もなく、という感じでした。僕は、ただギターを「はい!」と渡すだけの役だったんです。あれで良かったのかどうかも分からず、で終わりました。

――視聴者へのメッセージをお願いします。

深く、そして人の気持ちに訴え掛けるストーリーに仕上がっている、非常に見応えのあるドラマだと思っています。ぜひお楽しみください。

■濱田岳コメント

――レコーディングはいかがでしたか?

緊張しました! ガラス越しに山崎さんが居ると思うと、不慣れな場所でもありますし、レコーディングスタジオで歌うというのは初めてですし、カラオケとはノリが違うので、いろいろ考えてしまって緊張しちゃいましたね。

――山崎さんとの共演はいかがでしたか?

お芝居関係なく、ミュージシャンの方ってお会いすることないですし、ある種、別世界の人、という感覚でした。意地悪しないし、むちゃなことを言わない、唯一の優しい人の登場で安心できたシーンなので(ヒロタカの)キラキラ感が生かされて良かったと思います。

「貸してみな」ってギターを弾かれるシーンだけでも、イチ素人として「わ~」っていうワクワクした気持ちにさせてもらえました。素直に輝く演技ができたのは、山崎さんが出演してくださったおかげだと思います。

――劇中でも歌うことについては、どのような気持ちで臨みましたか?

音楽のことについては右も左も分からないので、ただただ一生懸命、失礼の無いようにと、それだけでした。撮影の時はここまでナーバスになる感じではなかったのですが、あらためて“歌を録ります”となると、やはり緊張します。

でも、こうやって山崎さんが歌を作ってくれて、共演できて、レコーディングまで一緒なんて、こんなに心強いことはないです!

――最後に視聴者へのメッセージをお願いします。

湊かなえさんの情緒あるストーリーに、山崎さんの歌が加わることで、その2つの要素だけでもほぼ間違いのない、ぜいたくな作品になったと思っています。

これだけの恵まれた環境で作品が出来上がったというのは本当に素晴らしいことだと思っているので、できる限りの力を尽くしました。実は、こんな重厚な話に真面目に臨んだのが久々だったので(笑)、ちゃんと緊張した気がします。音楽もドラマも楽しんでいただければうれしいです。

最終更新:8/13(土) 7:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。