ここから本文です

ブラジルでの挨拶はハグとキス 男同士なら握手はガッチリと

NEWS ポストセブン 8/13(土) 16:00配信

 いよいよ開幕のリオ五輪。日本の裏側にある開催国ブラジルはいったいどんな国なのか。『バイキング』(フジテレビ系)などに出演する、ブラジル出身のタレント・シモネさん(37才)がとっておきのブラジルトリビア、略してブラビアを教えてくれた。

 ブラジル人の女性同士や男女のあいさつは、チュッと唇を鳴らし、頬と頬を合わせてハグをする。日本人にはなかなかできなさそうだが、これが当たり前だ。

「少し苦手な人にもハグします。だから、あいさつにとにかく時間がかかります。学生時代はクラスメートへのあいさつが始業前に終わらず、授業の後に続きをすることがあったほどです。とても大切な習慣なんですよ」

「男同士のあいさつは握手が一般的です。その時に手をゆるく握ると、やる気がなくて信頼できない人だと判断されてしまいます。

 また、両手で相手の手を握るのは、上から目線で圧力をかけているように思われるのでNGです。片手で、しっかり手を握るのがブラジル流です」

※女性セブン2016年8月18・25日号

最終更新:8/13(土) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。