ここから本文です

三浦翔平&野村周平「好きな人がいること」副音声に登場

Smartザテレビジョン 8/13(土) 17:00配信

8月15日(月)放送のフジテレビ系ドラマ「好きな人がいること」第6話で、“副音声企画”が再び行われることが決定した。

【写真を見る】物語同様、兄弟のように語り合う三浦翔平と野村周平

第4話で行われた同企画では、野村周平、浜野謙太、マイアミDが本音トークをさく裂させて反響を呼んだ。

今回は、第5話でヒロインを思いっきり振ったと話題の長男・千秋を演じる三浦翔平、そして柴崎三兄弟の秘密の鍵を握っていく三男・冬真を演じる野村周平が登場。

撮影の合間にも本物の兄弟のような仲の良さを見せている二人が、波乱の展開を迎える第6話をリアルタイムに盛り上げる。

■8月15日(月)放送「第6話」あらすじ

花火大会の夜、櫻井美咲(桐谷美玲)は柴崎千秋(三浦翔平)への思いを諦めざるを得なくなった。そんな美咲だが、夏向(山崎賢人)に「俺がそばにいてやる」と抱き締められる。複雑な心境の美咲…。

翌朝、夏向と顔を合わせた美咲は、動揺を隠しきれない。しかし、夏向は今までと同じように、ムスッとしたぶっきらぼうな態度。そこに来た千秋は、高月楓(菜々緒)とやり直すことにしたと美咲に告げる。

分かっていたとはいえ、千秋から直接聞いてしまうとは…。美咲は一人になるために洗面所へ急ぎ、涙を隠すためにしばらく顔を洗い続けた。

そんなある日、千秋はレストラン同士が期間限定で店を出すイベント、ダイニングアウトの企画を持ち込んだ。コラボする店は超有名レストランだと聞いて、冬真(野村周平)は驚く。

千秋によると、先方が夏向と一緒に仕事がしたいと指名してきたそう。すると、話を聞いていた冬真の表情が少し曇った。

早速、夏向は美咲と一緒に先方のレストランに打ち合わせに向かう。そこで、二人を出迎えたのはレストランプロデューサー、大橋尚美(池端レイナ)。

美咲は有名プロデューサー登場に大はしゃぎだが、夏向は尚美に軽いあいさつ。夏向と尚美は知り合いのようだ。

打ち合わせを終えた美咲は、久しぶりに石川若葉(阿部純子)に会おうと待ち合わせの約束。そして、帰ろうとした美咲を夏向が引き止めた。行きたいところがあるので付き合えと言う夏向に、美咲は…。

最終更新:8/13(土) 17:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。