ここから本文です

アプガ・せんごく、番組で生マラソン! 生着替えも!?

Smartザテレビジョン 8/13(土) 22:30配信

アップアップガールズ(仮)の、月1回のレギュラー番組が8月10日(水)夜10時から「AbemaTV」でスタートした。

【写真を見る】アイドルがまさかの(!?)スタジオ生着替え!

番組は、アップアップガールズ(仮)の大パーティーチューン「パーリーピーポーエイリアン」のライブで華々しく幕を開ける。

だが、番組名が当初の「アップアップガールズ(仮)月1レギュラー!『アイドルアップデート計画(仮)』」ではなく「アップアップガールズ(仮) アイドルが武道館 借りてみた、けど…」で、内容もさまざまなサプライズを仕掛けていくものだと告げられ、メンバーはあぜんとしてしまう。

動揺する7人に追い打ちをかけるように、アップアップガールズ(仮)が所属するYU-Mエンターテインメント社長兼マネジャー・山田氏が登場。

「アプガを愛するあまり勢いで独立し、勢いで武道館を押さえたのですが、どこをどうやっても赤字で、彼女たちの望むような演出ができないという状況」と明かす。

不安を感じるメンバーに対して、日本最大級のクラウドファンディングサービス「makuake」の担当者が「AbemaTVを見てくださっている多くの皆さんに、メンバーさんのやりたいことへの情熱が伝われば、きっと武道館での夢はかなうと思います」と説明。

山田社長もメンバーも「Makuake」プロジェクトの実施を依頼し、番組中にプロジェクトが開始した。

ここから、メンバーそれぞれが武道館でやりたい演出のプレゼンをすることに。「ただ夢を語るよりも、チャレンジカードに書かれたむちゃなお題を頑張ってやり遂げた方が、より視聴者に夢への思いがしっかり届く」と提案され、それを実践していくことが決定。

「みこしに乗りたい」という仙石みなみには“日本武道館まで走って、写真を撮って帰ってきて”というお題が出され、武道館まで往復10kmのマラソンに出発する。佐保明梨は「氷柱割りをやりたい」と声を上げると、“今から何かを破壊してください”のお題に応え、バット折りを成功させた。

新井愛瞳は「誰もやったことがない、新しい演出をやりたい」と語ると、心臓の鼓動がリアルタイムで届くアプリ「Heartsync」を紹介。そして“見せてもらおうか、18歳の心臓の鼓動を”というお題で、箱の中身を当てることになる。

だが、時間内に正解できず、箱に入っていた揚げたサソリを食べる羽目に。サソリに恐怖を感じつつ新井が食べると、「もう1人メンバーで食べられる人は?」との声に森咲樹が名乗り出る。サソリにかぶりついた森は、新井と共に文字通り苦虫をかむ表情を見せ、心拍数はぐんぐん上昇した。

佐藤綾乃は「衣装のプロデュースをしたい」と語った後、“これまでの衣装で生着替え”のお題から、1分間でのスタジオ生着替えに挑戦。着ていた衣装を脱ぎ捨てながら、ギリギリで衣装チェンジに成功する。

関根梓は、「私たちが日本武道館に立つまでの軌跡を形に残したい。ドキュメンタリーフォトブックを出したい」と熱弁。“すごいドキュメンタリーを作れる人に会いに行って”のカードに、関根はきょとんとした表情になる。岩尾望、吉田豪、嶺脇育夫氏(タワーレコード株式会社 代表取締役社長)らゲストも含めて相談し、誰かドキュメントを作れる人に会いにいこうという結論に達した。

森咲樹は「私たちのことを輝かせてくれるステージセットが欲しい」と嘆願するも、カードには“誰かに借りてくればいいじゃん”という、ざっくりとした言葉が。結局、小林幸子や大物アーティストに豪華なセットを借りられないか頼みにいくことになる。

古川小夏は「自ら、物理的に発光したいんです」「私、ミラーボールになりたい」と自らがセットの一部になりたいと語るも、番組の終了が差し迫り、古川のテーマは次回に持ち越しとなった。

ここで、仙石が武道館までのロングランを約1時間で走り、クタクタになってスタジオに帰還。武道館の前で撮ったたまねぎポーズの写真を見せ、無事ミッション成功。ラストは7人で「アッパーカット!」を歌い、初回放送を終えた。

放送を終え、仙石は「武道館、マジで遠かったです。いきなりのムチャぶりで10kmのマラソンは、ほ~~んとにキツかったです。足の指にマメができちゃいました。でも、武道館を成功させるためにも、たまねぎ目指して必死で走りました」と振り返る。最後に、『Makuakeプロジェクト』のご協力と、番組の応援、よろしくお願いします!!」とメッセージを送った。

最終更新:8/13(土) 22:30

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。