ここから本文です

熟年離婚を避けるにはどうすればいいのか?

BEST TIMES 8/13(土) 18:00配信

熟年離婚を避けるにはどうすればいいのか? 

『R25』が2015年に、40代の既婚者200名(男女各100人)を対象に実施したアンケート調査によると、「あなたは将来、熟年離婚すると思うか?」という質問に対して、24.0%の人が「すると思う(できればしたい)」と回答した。40代で、すでに4人に1人の割合で熟年離婚を考えているというのはちょっと怖い気もするが、もし実際にこれが実現した場合、将来的にどれだけのお金が動くことになるのだろうか。

 

平均初婚年齢(2014年は男性が31.1歳、女性が29.4歳)で結婚して、その20年後にアンケート調査の結果の通り24%の夫婦が離婚するといったケースを想定すると、熟年離婚の件数は年間19.4万件に上ることになる。そして、離婚で支払う慰謝料の総額はなんと2兆1542億円にも達する計算だ。

 それでは、夫が妻からある日突然離婚を切り出される前に、熟年離婚の危機を察知する方法はないのだろうか。この章の最後に、離婚危機が迫っていることを知らせてくれる有力なシグナルを紹介しておこう。それが臭いに対する反応である。妻が夫の臭いを気にし始めたら「これはいよいよ危ないかも……。」と思ったほうがいいかもしれない。

 マンダムが、30~49歳の夫と同居し、夫の臭いが気になることがある25~49歳の女性約800人を対象に「夫婦の関係と臭い」についてアンケートを実施した。まず、「夫の臭いが気になりだしたのはいつ?」という質問をしたところ、「結婚後」と回答した人が75.4%を占めるという結果が出た。そして、夫の臭いが気になりだした時期は平均すると結婚6年目ぐらいだった(夫の年齢は37歳ぐらい)。

 しかも、夫への愛情度が低い女性ほど夫の臭いが気になると回答したのだ。つまり、夫の臭いの気になり方と愛情の関係は比例しているということになる。

 さらに夫の臭いが気になる妻に「夫の臭いはどんな臭いか?」と聞いてみると「モワッとして嫌な臭い」「インスタント焼きそばの腐ったような臭い」「野良犬のような臭い」「ドブのような臭い」「雑巾臭い」など厳しい(厳しすぎる! )回答が多数を占めた。

 この調査では、夫への愛情が薄れるから臭いが気になるのか、臭いが気になるので愛情が薄れるのか因果関係ははっきりしないのだが、夫婦円満のためにはとりあえず臭いに気を遣うことが重要なのかもしれない。

 では、熟年離婚を回避するにはどうすればいいのか。

1/2ページ

最終更新:8/13(土) 18:00

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

Yahoo!ニュースからのお知らせ