ここから本文です

「ピンクとグレー」の次は「ギンとヤス」!?――つかこうへいとは、何者だったのか? その3

Book Bang 8/13(土) 8:00配信

『蒲田行進曲』『熱海殺人事件』など傑作を生み出した劇作家・演出家でありながら、虚実入り混じる伝説に彩られた演劇人、つかこうへい。
彼の真の姿を描き出した評伝『つかこうへい正伝 1968-1982』が刊行され、その驚愕の内容に芸能界、小説界を代表する“つかフリーク”の2人が著者のもとに集結。“正史”を検証する鼎談が行われた。議論は白熱沸騰、『波』に発表された5000字の記事に、今回3人による約1万4000字の超弩級加筆を経た、計1万9000字の完全無欠版が公開される!

■次なる語り部はジャニーズの……?

水道橋博士(以下、博士) つかこうへいは1982年に劇団を解散し、89年に演劇活動を再開します。90年代以降はジャニーズをはじめ、芸能界の人たちを役者として育てていった側面もありますよね。阿部寛、黒木メイサ……石原良純も? そう言えば、たけし軍団の三又又三も北区つか劇団に入ったけど逃げ出した。

長谷川康夫(以下、長谷川) 育ててないじゃん(笑)。

博士 でも、ジャニーズには伝統的につかこうへいイズムが流れている。大根仁監督が、『演技者』というドラマでつかこうへいが少年隊に口立てで台詞をつけていくシーンはビデオに残っていて、これが刺激的です。しかも少年隊の錦織さんは、すっかりこの手法を継承していて、「つかこうへい」の芝居を引き継ぎ、今、日本で指折りの舞台演出家になっています。

『あさイチ』に出たとき、V6のイノッチと話したら、彼は本当に生き字引でいろいろと知ってるんだけど、「いやぁ、つかさんってすごかったですよぉ」って。ジャニーズの練習所に来て、木村拓哉君と中居君とに「よーし、これから“階段落ち”やるぞ」って『蒲田行進曲』を口立てで始めたんですって。ビデオで見たいよね!

長谷川 彼らがそんなに有名になる前だよね。つかさんは、そういう稽古場という空間が大好きなんだよね。自分が主役になれるじゃない? 当時はそういう現場自体がなくなってきた頃じゃないかと思う。それで嬉しくなっちゃって、周りの状況なんて関係なく、好き勝手にそういうことをしたんじゃないかな。

博士 でも突如「階段落ち」のセリフ言わされてもね(笑)「お前、銀ちゃんな」って言われてもさ。そういう後期のつかさんの功績は誰が語るんですかね。僕も取材したいんだけど……そうか、NEWSの加藤シゲアキくんに書いてもらえばいいんだ!

樋口毅宏(以下、樋口) 『ピンクとグレー』じゃなくて、「ギンとヤス」を!

1/4ページ

最終更新:8/13(土) 8:00

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革